お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「確証バイアス」とは? 確証バイアスの具体例&回避法

高見綾(心理カウンセラー)

確証バイアスとは、心理学用語の一つで、思い込みによる影響のことを指します。先入観だけでは、物事を正しく判断することができません。今回は、心理カウンセラーの高見綾さんが、確証バイアスの意味や対策方法を解説します。

「確証バイアス」とは心理学用語の一つで、自分が正しいと思う考え方を肯定する情報ばかりを集めてしまうこと。

さまざまな思い込みなどから、偏った判断をしてしまうことってありませんか? このように、実は日常の中にも確証バイアスが働いていることがたくさんあります。

今回は、確証バイアスの意味や具体例について詳しく解説します。どうすれば回避できるのかについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

確証バイアスとは?

確証バイアスとは、自分にとって都合の良い情報ばかりを無意識的に集めてしまう傾向のことをいいます。

人間は誰しも「自分が正しい」と思いたい心理を持っているので、自分の考えを否定するような情報は無視してしまうようになります。

先入観や思い込みによって合理的ではない判断をしてしまうことを「認知バイアス」といいますが、確証バイアスは認知バイアスの一つに該当し、認知心理学者のペーター・カスカート・ウェイソンによって提唱された概念です。

確証バイアスの実例

日常生活にも確証バイアスはあふれています。ここからは、実例を用いて確証バイアスについて詳しく見ていきましょう。

(1)高齢の運転者

交通事故総合分析センターの調査によると、平成7年の交通事故での死亡件数は9971件。このうち、16~24歳の運転者が起こした事故件数は3114件、65歳以上の運転者による事故は1319件です。

これを見ると、実際には若者も事故を起こしていますし、高齢であるからといって事故が多いわけではないことが分かります。

ですが、「高齢者の運転は危険だ」という先入観から、そうした情報ばかりが目について確証を深めてしまうのです。

(2)血液型占い

「○○さんはO型なんだって」「やっぱり、そうだと思った! 大らかな性格してるもんね」というように、血液型と性格のイメージを結びつけてしまうことが多いのではないでしょうか。

例えば、業務で何回も細かくチェックしたり、プレゼンに向けて入念に準備したりと、几帳面で心配性な一面がある人に対しても、その人がO型というだけで「大らか、おっとり」のように思うこともありますよね。

また、AB型と言えば「ちょっと変わっている人」「理想主義者」というイメージがあるため、そういったイメージ通りに振る舞うことを求められてしまうケースもあります。これも確証バイアスによる典型的な影響です。

(3)「私は好かれない」という思い込み

過去に人間関係で傷ついたことがあると、これ以上傷つかないために「どうせ私は好かれない」という思い込みを持って、人から遠ざかろうとしてしまう場合があります。

すると、褒められたとしても「どうせお世辞で言ってるんじゃないの?」と疑ったり、ヒソヒソ内緒話をしている人を見て「私の悪口を言っている」と思い込んだりします。

「あの人は忙しそうだから」と周りが気を使って集まりに誘わなかった場合でも、「ほら、やっぱり。みんな私のことが好きじゃないんだ」と思ってしまうのです。

「自分は好かれない」という思い込みを強化するような解釈をあえてしてしまったり、そういった情報ばかりが目につくようになったりするのです。

次ページ:確証バイアスはビジネスや人事評価にも影響する

SHARE