お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinder(ティンダー)の青いチェックマークって? 他のマークの意味も紹介

アーリちゃん

Tinder(ティンダー)を使っていると、いろいろな疑問が出てくるものですよね。例えば、青いチェックマークを「公式マークなの?」と思った人も多いのでは。今回はTinderで見かけるさまざまなマークの意味を、恋愛コラムニストのアーリちゃんが解説します。

Tinderを使い始めたばかりの時は分からないことが多いもの。プロフィールの青いチェックを見ると、「公式マーク? どういう意味?」と疑問に感じてしまいがち。

本記事では、Tinderのマークが持つ意味をまとめました。

さまざまなマークの意味を理解しておけば、より快適にアプリを使えるはずです。これを機会に押さえておきましょう!

「青いチェックマーク」とは?

ここではまず、「青いチェックマーク」について見ていきましょう。

青いチェックマークの意味は「確認済みプロフィール」

上記画像のような、プロフィール画面の名前横に出る青いチェックマークを見ると、Twitterなどにおける「公式マーク」だと思ってしまいがち。

しかし、Tinderでのこの青いチェックマークは、確認済みプロフィールであることを示しています。

確認済みプロフィールとは、プロフィール写真の人物が本人であるとTinderによって確認されたプロフィールのこと。

青いチェックマークは、Tinderで顔認証をすることで付けられます。

顔認証の手順と必要性

顔認証は、以下の手順で行います。

STEP1:プロフィールに使っている写真と同じポーズで繰り返し自撮りする

STEP2:撮影した写真をTinderに提出

STEP3:Tinder側が目視と機械での顔認証技術を使って本人確認

Tinderのプロフィール写真があまりにもイケメンや美女であれば「インターネットから拾ってきた写真かな?」と思ってしまいますよね。

そんな疑惑を払拭できるマークが青いチェックマークなのです。知人のなりすましでないことも分かります。

ちなみに、青いチェックマークのことを「公式マーク」と呼ぶ人もいますが、正規の会社や芸能人本人であると認める公式マークとは別物です。

次ページ:「金のダイヤマーク」とは?

SHARE