お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinder(ティンダー)でマッチしない原因と対策。マッチ率を上げるには?

マッチングアプリ虎の巻【Tinder編】

たけまる

Tinder(ティンダー)を始めてみたけど、なかなかマッチしない。そんな悩みを抱く人も少なくないのではないでしょうか? 今回はさまざまな恋愛アプリを使いこなすライターのたけまるさんが、Tinderでマッチングしない原因や対策を紹介します。

簡単に出会えると聞いてTinderを始めたのに、全然マッチしない……。

そんな悩みを抱えていませんか?

自分の工夫次第でマッチ率を上げることは可能です。

この記事では、Tinderでなかなかマッチしない理由と、マッチ率を上げるためにするべきことを解説します。

Tinderでマッチしにくい原因とは?

Tinderでなかなかマッチしない主な原因としては、以下が考えられます。

(1)Likeしてくれた相手を確認できないから

Tinderでマッチしない大きな原因の1つが、無課金の状態では、自分にLikeしてくれた人を確認できないことです。

自分に来たLikeを確認するためには、有料会員になる必要があります。

Likeをくれた相手を知ることすらできないため、余計にマッチしづらいと考えられます。

(2)写真のみの判断になってしまいがちだから

Tinderは、他のマッチングアプリと違い、条件設定が「距離・年齢・性別」しかありません。

画面に表示されるのは、1枚目の写真とプロフィールの最初の部分だけ。そのため、判断基準がほぼ顔だけとなってしまいます。

写真を見て直感的にスワイプ、もしくはプロフィールをさっと読んで判断、という流れが一般的なため、写真でほぼ決まると言っても過言ではありません。

写真選びに気を配っておかないとLikeは来ない、と思っておいた方が良いでしょう。

(3)アクティブユーザー以外も表示されるから

Tinderでは、登録だけしてログインしていないユーザー、退会手続きをせずにアプリを消しているユーザーといった、もうTinderを使っていない人の情報も表示されるため、Likeの無駄撃ちをしている可能性があります。

ユーザーの最終ログイン日を確認できない仕様なので、せっかくLikeやSuper Likeを送っても、相手は気づいていないかもしれません。

(4)男女比のバランスに偏りがあるから

Tinderは、他のマッチングアプリと比べて、男女比のバランスに偏りがあります。男女の割合は、8:2や9:1ともいわれており、男性はなかなかマッチしにくい状況です。

男性会員の登録者数自体が多く、男性にとっては、他のマッチングアプリと比べると競争率がかなり高いといえます。

無料だからお得、シンプルな機能で出会いやすいと思われがちですが、他のマッチングアプリの方が簡単に出会える場合もあるので、自分がTinderに向いているかの見極めも大事です。

(5)真剣に利用しているユーザーが少ないから

Tinderは、他のアプリと比べて真剣度が低いといわれており、暇つぶしで使っているユーザーも多いようです。

中には、写真を見て遊んでいるだけの人もいるため、マッチしない、マッチしても返信が来ないということが起きることも。

真剣に恋人探しをしている人や結婚を前提とした出会いを求めている人は、Tinderと他のアプリを併用した方が、より早く出会えるかもしれません。

次ページ:Tinderでマッチしない場合の対策

SHARE