お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinder(ティンダー)でモテる写真とは? 写真選びのコツ

もちぽめ

マッチングアプリTinder(ティンダー)でマッチングしやすい写真を選ぶコツとは? また身バレを防ぐ方法も紹介。Tinderにおける写真のノウハウを詳しく紹介します。

マッチングアプリにおいては、写真の良し悪しでマッチングするかどうかが決まるほど、写真選びが重要です。

今回は、Tinderにおいて、異性とマッチングしやすいプロフィール写真の特徴や、逆にマッチ率を下げてしまう写真の特徴を紹介します。

Tinderでどんな写真を登録すればいいのか悩んでいる方や、少しでもマッチングを増やしたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Tinderの写真の基礎知識

マッチ率を高める写真のコツを紹介する前に、Tinderで設定できる写真についてご紹介します。

登録できる写真の枚数やサイズ

Tinderでは、全部で9枚の写真を登録できます。登録できる画像は、縦横比が1.2 〜1.3:1のサイズのものです。

写真の登録時にガイド枠が表示され、枠に沿ってトリミングされるので、枠内に写真を納めれば大丈夫。わざわざサイズを合わせて加工する必要はありません。

写真は9枚全てではなく、3~4枚登録している人が多いです。多ければ多いほどマッチする訳ではないので、1枚1枚こだわって良い写真を登録した方が、効果が期待できます。

2秒間の繰り返し動画「Loops」

Tinderには、2秒間の短い動画を繰り返し再生するLoopsという機能があります。

動画の中から好きな2秒間を選択すると、その2秒間が繰り返し再生されるシステム。静止画と違い動いている姿を見てもらえるので、写真写りに不安がある方はLoopsで動画を登録するのもおすすめです。

Instagramとの連携

Tinderでは、Instagramと連携ができます。プロフィールの編集を選択後、Instagramの写真という項目から連携が可能です。

Instagramと連携すると、あなたがInstagramに投稿した写真がプロフィールに掲載されます。プロフィール写真だけよりも、自分の趣味や好きなことをよりアピールできるため効果的です。

次ページ:Tinderでマッチ率を高めるプロフィール写真のポイント

SHARE