お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinderはイケメンが有利? マッチ率を高める攻略法

haya

イケメンが多いと噂のマッチングアプリ・Tinder。果たして本当なのでしょうか? 今回は、マッチングアプリで絶賛恋活中の女性ライター・hayaさんが、Tinderでマッチ数を高める写真の撮り方やプロフィールのコツを解説します。

Tinderは、若い世代で人気のマッチングアプリ。「Tinderにはイケメンが多い」「Tinderではイケメンでないと出会えない」といった声を聞いたことがある人もいるかもしれません。

この記事では、Tinderでイケメンが有利だといわれている理由や、外見に自信がない人でもマッチング数を増やすコツを解説します。この記事を参考にTinderを攻略して、すてきな出会いをつかみ取りましょう!

Tinderではイケメンしか出会えないって本当?

そもそも、「Tinder」とはスマホ等の位置情報を使って、自分が住んでいる地域に近い人と出会えるマッチングアプリです。発祥はアメリカで、日本国内でも20~30代の男女に人気があります。

Tinderの大きな特徴は、男女共に無料でメッセージ交換ができる点です。マッチング後のメッセージ交換が無料というマッチングアプリはありますが、最初から無料でメッセージ交換ができるのはTinderくらい。

果たして、本当にTinderはイケメンしか出会えないアプリなのでしょうか? 結論から言うと、実際のところ、Tinderは「イケメンが有利なアプリ」といえます。

ではここから、なぜTinderはイケメンが有利なアプリなのか、その理由を解説します。

(1)男性会員の割合が多い

Tinderは無料でメッセージもLikeも送ることができるアプリのため、他のマッチングアプリから多くの男性会員が流れてきがち。多くのマッチングアプリでは、男性会員はマッチング後のメッセージでのやり取りは有料であることが多いからです。

そのため、他のマッチングアプリよりも男性会員の数が多く、6:4程度で男性の割合が多いといわれています。

この結果、男性会員の競争率が高くなり、イケメンの方が有利になりやすい状況が生まれていると考えられます。

(2)プロフィール写真が重視される

Tinderは、スワイプ式でプロフィール写真が次から次へと表示される形式です。そのため、Likeを送る基準は写真のみで決まると言っても過言ではありません。写真で選ばれなければ勝負にならず、第一印象がとにかく重視されます。

他のマッチングアプリは、学歴や年収などのフィルターをかけて、それに一致する会員のみを一覧で表示することもできます。ですがTinderの場合は、写真を見てどんどんスワイプしていかないと、他の会員を見ることができません。

そのため写真の印象だけでLikeを送るかが判断されやすく、マッチングするだけならその他の情報はあまり重視されない傾向にあります。

次ページ:Tinderでモテるプロフィール写真の特徴

SHARE