お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinderの年齢確認は安全? 失敗しないやり方や注意点

山本茉莉

マッチングアプリTinderで必要となる年齢確認。身分証を提出しても安全なの? エラーが出た場合の対処法は? などの疑問や設定方法を詳しく解説します。

マッチングアプリのTinderを使いこなすには、年齢確認が必須です。そのやり方が分からず、この記事にたどり着いた人もいることでしょう。

また、年齢確認では身分証明書を提出しなければいけないため、個人情報の流出といったトラブルは気になるポイント。

今回はTinderの年齢確認について、安全性や失敗しないやり方、注意点を解説します。

Tinderの年齢確認はなぜ必要?

Tinderでは年齢確認が完了していないと、メッセージの閲覧や送信といった一部の機能が制限されます。では、なぜTinderでは年齢確認が必要なのでしょうか?

(1)18歳以上か確認するため

Tinderで年齢確認が求められるのは、18歳以上かどうかをチェックするためです。

そもそもTinderは、最低年齢要件によって18歳以上の人しか利用できません。この年齢の要件は、インターネット異性紹介事業者を対象とした法律によって定められているもの。

マッチングアプリサービスのようなインターネット異性紹介事業者は、18歳未満の児童の利用を防止する義務があり、年齢確認によって児童でないか確認することが義務付けられています。

(2)なりすましを防ぐため

Tinderの年齢確認には、実在する人物かどうかを確認し、なりすましを防ぐ目的があります。

Tinderで年齢確認する際は身分証明書が必要です。身分証明書の提出によって実在する人間だと証明しなければいけないため、なりすまし行為ができない仕組みになっています。

(3)悪質なユーザー・業者の登録を防ぐため

悪質なユーザーや業者の登録を防ぐために、Tinderでは年齢確認が求められます。マッチングアプリにおける「業者」とは、営業や勧誘活動のためにアプリを利用しているユーザーのこと。業者は1つのアプリで複数のアカウントを使うことが多いことを踏まえた対処です。

年齢確認がないマッチングアプリの場合、電話番号やメールアドレスを用意すれば複数のアカウントを作れます。そのため、身分証での確認がない状態では、業者などの悪質なユーザーに悪用されやすいと考えられます。

その点、Tinderでは年齢確認によって身元を明らかにする必要があるため、複数アカウントを作るといった悪用はしづらいでしょう。

次ページ:Tinderの年齢確認は安全なの?

SHARE