お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「感銘を受ける」の正しい意味とは? 類語や言い換え表現も解説

moeka

「感銘を受ける」という言葉を耳にしたことはあるはずです。けれど、いざ自身が使おうとすると正しい意味で使用できているのか不安になる時はありませんか? 語彙解説に詳しいライターのmoekaさんが分かりやすく解説します。

「感銘を受ける」はどのような場合に使用するべきか知っていますか? 使ったことがあるとしても、正しい使い方ができているのか不安になることはありませんか?

自分が感動した時に「感銘を受ける」と言いますが、特にビジネスで使用する際には正しい使い方をすることが求められます。

この記事で意味や使い方をチェックしていきましょう。

「感銘を受ける」の意味


「感銘」の「感」からは「感情」や「感じる」といった言葉が連想されます。「銘」は座右の銘などから分かるように「特に優れたもの」という意味を持っています。

つまり、感銘を受ける(かんめいをうける)とは、心に深く刻まれるような強い感動を抱くことを表す慣用的な表現です。そのため、人生における選択や考えに変化をもたらしたほど感動した際に用いられるため、いい響きのある言葉として使用されます。

次ページ:「感銘を受ける」の使い方

SHARE