お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

寸志の意味とは? 使い方やマナーを知ろう

moeka

寸志とは何か、正しい意味を知っていますか? この記事では、寸志における使い方やマナー、渡す際ののしの書き方などを解説。寸志へのお礼の仕方についても詳しく紹介していきます。

お礼をしたい時に登場する「寸志(すんし)」。この言葉を聞いて、そもそも「寸志って何?」と疑問に思った人もいることでしょう。普段あまり馴染みがないと言う人も多いかもしれませんね。

「寸志」は、他人が自分にしてくれた行為に対して、お返しの気持ちとして使われる贈り物のこと。

今回は、「寸志」とは何か、そして使い方やマナーなどを詳しく解説していきます。

「寸志」の意味

寸志の「寸」はもともと長さの単位で、転じて「ほんの少し」という意味を持ちます。また、「志」には「相手のことを思う気持ち」や「相手を慕う気持ち」という意味が込められています。そのため、「寸志」は「相手に対するちょっとした心遣い」という意味になります。

寸志は多くの場合、お金を封筒に包み、表書きをした状態で渡されます。また、お金の代わりにのし袋で包んだ品物が渡されることも多いです。

金額自体や実際に贈るものは、それほど高くないことが一般的(数千円~数万円程度)です。相手に気を遣わせず、自身も負担のない程度であれば、良いと言えるのではないでしょうか。

また、「寸志」とは贈る人が相手に対し謙譲して使う言葉です。目下の人が目上の人に使うことは出来ないので注意が必要です。

次ページ:「寸志」を渡す場面とは?

SHARE