お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友達が欲しい! 大人になってからの友達の作り方

大人になると、なかなか新しい友達ができづらいものですよね。友達が欲しいと思っているけれど、どうやってつくれば良いのか分からない。そんな人も多いのではないでしょうか? 今回は、友達が欲しいと思った時に試したいポイントなどを紹介します。

大人になるにつれて、新しい友達ができづらいと感じている人は少なくないのではないでしょうか?

学生時代と比べると、友達をつくるという行為から自然と遠のいたり、そもそも新しい出会いが減ったりしがち。そのため、新しい友達が欲しいと思った時には、どう交友関係を築いたらいいのか悩んでしまいます。

そこで今回は、友達が欲しいと思った時、ぜひとも実践してもらいたいポイントを紹介します。

「友達が欲しい」と思うのは当たり前のこと

「1人の方が気楽に過ごせて最高!」と思っていても、人間は1人だけでは生きていけないもの。

アメリカの心理学者アブラハム・ハロルド・マズローが提唱した「マズローの欲求5段階説」の中でも、人が他者とのつながりを求めることが説明されています。

食欲・睡眠・性欲など、生命を維持するために必要な欲求である「生理的欲求」を根底に、欲求は段階的に上がっていくものとされています。

中でも「所属と愛の欲求」は他者と関わりたい欲求、「承認欲求」は人から認められたい欲求のこと。つまり、人間が生きていくにあたって、人と関わりたい、自分を認めてくれる仲間が欲しい、と思うのは当然のことなのです。

「友達が欲しい」と願う自分を、ただの寂しがり屋だとか、欲張りだとか思う必要はありません。自然な欲求なのだと、今の自分を受け入れてあげましょう。

次ページ:友達が欲しくなるのはどんな時?

SHARE