お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

職場の人間関係が疲れる。気にしない&ストレスをためない考え方のコツ

大塚統子(心理カウンセラー)

職場の人間関係で悩んだ時の対処法

職場の人間関係に悩んだら、まずは自分の考え方を変えることが有効です。

「嫌な思いをさせられている」と思うと、相手に振り回されてしまうもの。ですが、嫌な感情を感じているのは自分自身です。

自分の感じ方は自分次第で変えていくことができるのです。

(1)他人は変えられない

人間関係では、「自分は正しい、相手が間違っている」と「相手を変えよう」としてもうまくいきません。「変えられるのは自分自身だけ」と思っておきましょう。

職場でも「あの人がもっと○○してくれたら良いのに」などと不満を持ち始めるとストレスがたまります。「自分は何ができるだろうか」という視点にシフトすることが大切です。

(2)相手に求めすぎない

「上司なら○○すべき」「先輩なら△△すべきではない」など、相手に求めるものが多いと失望しやすくなります。

人への期待はほどほどにすると、相手が思い通りにならなくても「そういうものだ」と感じて嫌な気持ちになりにくいでしょう。

(3)多様な価値観を尊重する

さまざまな価値観の人の間では、「私だったらこうするのに」は通用しません。

相手の行動には、相手なりの理由があるのです。「私は私」「人は人」と価値観の違いを認めましょう。

(4)「もし自分が相手の立場だったとしたら?」と想像する

例えば、理不尽なことを言う人がいたら。「なぜあの人はこう言うのだろう?」と、相手の立場からの理由を考えましょう。

相手を理解すると、違う受け止め方が可能になります。相手がつらい気持ちを抱えていることに気付いたり、自分の非に気が付いたりするかもしれません。

(5)「嫌だ」と思ってもOK

人間ですから「嫌だ」と思うこともあります。そんな時「そう思ってはいけない」と我慢する必要はありません。

ただし、思うのは自由ですが、嫌な気持ちを相手にぶつける行動はやめましょう。

(6)自分を責め過ぎない

すぐ「自分が悪かった」と自責する癖のある人がいます。「自分にも責任があるのかも?」と考えるのは大切なことですが、必要以上に自分を責め過ぎないようにしましょう。

自分を責め過ぎてネガティブになると、次々と悪い想像をして、余計に人間関係がうまくいかなくなってしまいます。

(7)自分を客観的に見つめてみる

例えば、上司からの叱責は期待されているから、同僚からの攻撃は嫉妬心の表れかもしれません。

自分を客観的に見つめてみると、自分が他人からどう思われているか、相手が自分に何をしてほしいと思っているのかが分かるようになります。相手の気持ちが分かると、人間関係がうまくいきやすくなりますよ。

次ページ:職場の人間関係を良好にする3つの言葉

SHARE