お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「客観的に見る」の意味とメリット。客観的視点を身に付ける3つの方法

トイアンナ

何事も主観的に見ていると、あまり説得力がありませんよね。「それって、あなたがそう思っているだけなのでは?」と言われてしまうかもしれません。では「客観的な視点」とはどうすれば身に付くのでしょうか? 人気コラムニストのトイアンナさんに、その方法について伺ってみました。

「100%物事を客観的に見ることができる人なんていない」というのが、私の持論です。

だって、私は私の目線で話しますし、あなたはあなたの目線でものを見ています。そこにすれ違いがあるのは当然で、あたかも「神の目線」で平等にものを見られると思っている方が、傲慢じゃないですか。

でも、「ある程度」客観的に物事を捉えようと努力することはできます。今日は、そんな話をしたいと思います。

「客観的」の意味

「客観的」とはどういう意味でしょうか。答えは、より多くの人が納得しやすい意見や思考で物事を見たり考えたりすることです。

例えば、就職や転職の面接で「仕事先で接客を頑張ったら、お客さんが喜んでくれた」という話をアピールしたいとしましょう。

ですが、この文章自体が実は客観的の対義語に当たる主観的な文です。

「頑張った」「喜んでくれた」というのは、あくまで本人が感じていることで、実際にお客さんがそう思ったかは分からないですよね。本当は裏でクレームの嵐……なんて可能性すらありうるわけです。

これを客観的な文に変えるなら

・ 接客の上手な先輩を30時間観察し、動きをまねした
・ お客様のリピート率が10%上がった

など、より説得力が増す情報が必要です。それを追加することで、主観的な意見も少し手を加えれば、より説得力がある客観的な意見に変えられます。

次ページ:「客観的に見る」ことで得られるメリット

SHARE