お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

倦怠期ってどういう意味? いつ来るのか&乗り越える方法3つ

黒木美沙

倦怠期はいつ来る? 倦怠期が訪れやすい時期

定期的に訪れるといわれる倦怠期ですが、一体いつ訪れるのでしょうか?

ここでは倦怠期が訪れやすい時期についてご紹介します。なるべくなら倦怠期を回避しつつ、仲良く付き合っていきたいものですよね。前もって分かっていると、倦怠期にならないように対策ができますよ。

(1)付き合って3カ月

付き合って3カ月間が経過すると、最初の頃には気付かなかった違和感を相手に抱くことも増えるでしょう。いわゆる、「恋は盲目」という状態から抜け出し、相手のダメなところも見えてしまうようになるのです。

付き合って3カ月頃では、絆も深まっているとはいえないため、ちょっとした価値観のズレにより別れにつながってしまうこともあるでしょう。

(2)付き合って半年

付き合って半年ぐらいたつと、日頃抱え込んでいた違和感がたまって爆発しやすい時期になります。相手への意見も言いやすくなるため、けんかに発展する可能性も高いです。

この時期は、感情的に言い合わないで、お互いに歩み寄れるかどうかがポイントになるでしょう。小さな問題を一つ一つ解決していくことが大切です。

(3)付き合って9カ月

9カ月もたつと、付き合い始めの新鮮な気持ちも落ち着いてくる時期です。慣れが出て、ドキドキ感も薄れてきます。

半年は過ぎたけれども1年記念日はまだ先のため、特にイベント事もなく中途半端な時期になりやすいでしょう。

そのようなタイミングで、恋人以外の異性にも目が向いてしまうことがあるかもしれません。

(4)付き合って3年

付き合ってから長い年月が過ぎ、お互いの絆も深まっているから大丈夫だろうと思われる3年ですが、まだ倦怠期が訪れるかもしれません。

恋人の存在が当たり前になりすぎて、何となく一緒にいたり、情だけで付き合っているという可能性が出てくるからです。

長く付き合っていると、本当にこの人と一緒にいて良いのだろうかと悩む時期が来ます。1人の時間も過ごしてみて、相手の大切さに気付くと良いでしょう。

次ページ:倦怠期の特徴

SHARE