お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート

付き合って三ヶ月目で別れるカップルと長続きするカップルのちがい

織田隼人(心理コーディネーター)

「付き合って三ヶ月目は要注意」とよく耳にしますが、あなたにとって付き合って三ヶ月目とはどんな時期ですか? これからも長期的に交際していきたいと思っている女性もいれば、すでに少しマンネリを感じている女性もいるかもしれません。付き合って三ヶ月目にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか。また、短期間で別れるカップルと長続きするカップルのちがいも気になるところですね。心理コーディネーターの織田隼人さんに、これらの疑問について教えてもらいましょう。

■付き合って三ヶ月目とは。その時期にしたほうがいいこと

◇付き合って三ヶ月ってどんな時期?

付き合って三ヶ月くらいすると、男性の恋に盛り上がる気持ちが落ち着いてきます。一方、女性の気持ちが落ち着いてくるのは三ヶ月目から半年くらい。男性のほうが早く恋の盛り上がりが落ち着いてしまうため、三ヶ月目は2人の気持ちに温度差が出てくる時期だといえます。女性は彼のことを好きな気持ちが強いままですが、男性は「そろそろ彼女だけでなく、男友だちとも遊びたい」と思って、彼女以外と過ごす時間も大切にするように。その結果、女性は寂しい思いをすることが増えるでしょう。

◇付き合って三ヶ月目の注意点

☆簡単な愛情表現をする

はじめのうちは互いに濃厚な愛情表現をしていたかもしれませんが、それは短期間だからこそできるもの。長期的な付き合いでは、濃厚な愛情表現はたまにする程度にし、軽い愛情表現を増やしていくほうがうまくいきやすいでしょう。付き合って三ヶ月目にしておくといいことは、軽く抱きしめ合ったり軽いキスをし合ったりするなどの「簡単な愛情表現」のパターンを決めておくこと。気軽に「愛してるよ」と言い合うことや、指と指でキスをする「指キス」をすることなど、2人の間だけで通じる愛の合図を作ってみましょう。この「簡単な愛情表現」ができあがっていると、気軽に好きな気持ちを表現し合えるので愛情が長続きしやすくなります。

☆2人の記念日を作りすぎない

注意したいのは、2人の記念日をあまりたくさん作らないということ。記念日というのは数が少ないからこそ価値が生まれます。「付き合った記念日」などはあってもいいですが、そのほかはお互いの誕生日、クリスマス、バレンタインなどをカウントするだけで十分な数になるでしょう。記念日を作りすぎてしまうと、記念日に何かできなかったときに「記念日に何もしなかった……」と悲しい思いに。お祝いのはずの記念日が、「記念日に何かしなければならない」という強迫観念にとらわれてしまうのです。この「呪い」を避けるためには、記念日をあまり作らずに2人の日常を楽しむようにするのがいいでしょう。

次ページ:付き合って三ヶ月以上続くカップルと別れるカップルのちがい

お役立ち情報[PR]