お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ネガティブな人の特徴や心理とは? ネガティブになる原因と改善策

浅野寿和(心理カウンセラー)

ネガティブな人との接し方

ネガティブな気持ちになりやすい人は、他人のネガティブな気持ちに対しても影響を受けやすくなってしまいます。

そこでここからは、ネガティブな人との接し方について見ていきましょう。

(1)普段通りに接する

ネガティブな人と接する時にこちらが身構えてしまうと、逆にネガティブな気持ちになりやすいもの。

いつもの自分通りに、他の人と態度を変えることなく友好的に接していた方がお互いに過剰に意識を使わずに済むでしょう。

明るい話題を振るのもこのスタンスで振るといいですね。

(2)相手が凹んでも嫌わない

ネガティブな人はすぐ自分を責めるので凹みがち。

その態度を見て嫌な気分になるかもしれませんが、それは相手の問題です。

相手は相手、自分は自分と境界線を意識し、相手を嫌わないようにしていれば大丈夫です。

(3)適度にスルーする

誰もがネガティブな話をして相手が喜ぶとは思わないもの。

あまりにネガティブな話が続く場合は、適度に相槌だけ打ってスルーしましょう。

その方が話している側も楽な場合もありますよ。

ただ全てをスルーするとお互いに「相手を大切にしていない」という罪悪感を抱きますから、大事なところは聞き逃さないようにしてください。

次ページ:「ネガティブさ」も才能のうちの1つ

SHARE