お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ネガティブな人の特徴や心理とは? ネガティブになる原因と改善策

浅野寿和(心理カウンセラー)

ネガティブな考えになってしまった時の対処法

では、ネガティブな気持ちになってしまった時はどのように対処したらいいのでしょうか?

これから、ネガティブな気持ちになった時の対処法を5つご紹介します。

(1)気分転換の時間を作る

思い切ってネガティブに考えてしまうことから離れてしまうことも有効です。

自分に安らぎや楽しさを与える時間をしっかり作って好きなことに触れてみると、また気分も変わるものですよ。

体を動かすことも有効です。できれば1人で行うことより、気の合う誰かと行うことがいいですね。

(2)自分を褒める習慣を作る

日頃から自分を褒めたり認めたりする習慣を作ると、ネガティブな考えになっても切り替えやすくなります。

小さなことでもいいので、日常の中で自分を褒める習慣を作っていきましょう。

(3)人の良いところを見て褒める

ネガティブな考えに陥った時ほど怒り、悲しみ、寂しさ、不安といった感情を感じやすくなり、つらいと感じるのです。

逆に、良い気分の時にはネガティブな考えにハマりにくくなります。

良い気分を作る最も手っ取り早い方法は、人を褒めたり喜ばせたりすること。

今の自分でも人を喜ばせられると知れば、次第にネガティブな考えから抜け出せますよ。

(4)ネガティブになっていることを嫌わない

ネガティブ思考自体、悪いものではありませんが、あまりにネガティブになると気分が悪くなるのです。

そこで自分を責めるとさらに気分が悪くなりますから「そんな気分にもなることがあるよね」と自分を嫌わないように心がけましょう。

(5)人に相談する・話を聞いてもらう

ネガティブな考えに陥ると気分が悪くなり、そこから抜け出せなくなることが多いもの。

そんな時は勇気を出して人の意見、価値観に触れることがおすすめです。

ネガティブになりすぎた時ほど「今の自分の中に良い答えはないかもしれない」と考えてみてもいいかもしれません。

次ページ:ネガティブな人との接し方

SHARE