お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ネガティブな人の特徴や心理とは? ネガティブになる原因と改善策

浅野寿和(心理カウンセラー)

ネガティブな人の特徴と心理

ネガティブな人は、「自分ばかりに意識が向く」「自分を責めている」ことが特徴です。

ここからは、ネガティブな人の心理と特徴を詳しく見ていきましょう。

(1)悲しみや孤独、怒りを感じている

ネガティブな人が感じやすい感情は「悲しみ(痛み)」「孤独」「怒り」です。

この感情を通じて人や物事を見ているので、物事をネガティブに感じているのです。

(2)自分の考え方にこだわりを持ちやすい

ネガティブな人ほど、自分の考えを変えたがりません。今の自分を否定されることを避けたいからです。

だから、自分だけのこだわりを強める傾向があり、分かり合えない人との関わりを避けがちです。

(3)何事も考えすぎて行動への意欲が湧かない

問題を発見し、対応するにはネガティブな視点が必要です。

ですが、問題を発見しても具体的に対応できないのであれば「ただネガティブに見ただけ」となります。

自分をネガティブに見て何もしなければ気持ちはさらに滅入り、行動への意欲がわかなくなりやすいです。

(4)怒られることを怖れている

ネガティブな気持ちになりやすい人は、普段から自分を肯定せずに批判している傾向があります。

そのため、「自分と同じように人も自分を批判するのではないか」という怖れを感じやすく、怒られることに敏感になっているものです。

(5)自己犠牲と人との比較が強くなる

ネガティブな人はすぐ自分を卑下してしまう傾向があるので、今の自分を肯定することを忘れがちなのです。

だから、いつも自分に我慢や無理ばかり強いることも多いですし、人と自分を比べてしまい、「何をやっても自分はダメじゃないか」と感じることも増えます。

(6)人を傷付けていることに意外と気付かない

ネガティブな気分になりやすい人は自分が傷付きたくないと思っている分、人に気を使っていることが多いもの。

ただ、自分が人を傷付けていても、それに気付けないことも多いです。

理由は「意識が自分に向いている」から。悪意なく相手の気持ちに気付けないことも少なくないようですよ。

次ページ:ネガティブな考えになってしまった時の対処法

SHARE