お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「承知いたしました」の意味とビジネスシーンでの使い方

櫻井弘

ビジネスシーンでよく見聞きする「承知いたしました」という言葉。その意味や使い方を、正しく理解できていますか? 今回は「承知いたしました」の意味やビジネスシーンでの使い方、「了解しました」「かしこまりました」との違いを紹介します。改めて確認してみましょう。

「承知いたしました」というフレーズは、仕事上では最も使われる表現の1つと言っても過言ではありません。

しかし、「了解しました」「かしこまりました」など、似たような表現もあります。

今回は、「承知いたしました」の意味を改めて押さえた上で、ビジネスシーンでの使い方について解説します。

「承知いたしました」の意味

「承知いたしました」の「承知」には、以下のような意味があります。

しょうち【承知】
(1)旨をうけたまわって知ること。知っていること。
(2)聞き入れること。承諾
(3)(打消の意を伴って)とがめずに見逃す。許す。
(『広辞苑 第七版』岩波書店)

「承知する」という動詞に「いたす」という謙譲語を付けることで、自分をへりくだらせて丁寧に表現したのが「承知いたしました」となります。

上記の辞書にもあるように、「承知いたしました」は、「相手の申し出や頼みを聞き入れる、引き受ける」という意味合いを持つということが分かります。

次ページ:「承知いたしました」は二重敬語ではない

SHARE