お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女別】かまってほしい心理と上手な甘え方6つ

秋カヲリ

ふと寂しさを感じて、恋人や好きな人にかまってほしいと感じる時ってありますよね。心理カウンセラーの秋カヲリさんいわく、かまってほしい心理は男女で違うのだそう。どうすればその気持ちを相手に伝えられるのか、上手な甘え方と共に解説してもらいました。

寂しかったり疲れていたりすると、恋人にかまってほしいと感じることがあります。

男女問わず甘えたい時はありますが、実はそれぞれかまってほしい心理は少し異なります。また、どうやったら上手にかまってもらえるのでしょうか?

かまってほしい時の上手な甘え方や避けるべきNG行動をご紹介します。

【男女別】かまってほしい心理とは

なぜ、かまってほしいと思うのでしょうか? 男女別に、かまってほしい時の心理を解説します。

男性が「かまってほしい」と思う時

まずは男性がかまってほしいと思うのはどんな時かと、その心理について解説します。

(1)疲れていて癒やされたい

仕事などで疲れていると癒やされたくなるもの。男性にとって女性は癒やされる存在であることが多いため、かまってもらうことで疲れを癒やしたいと考えるようです。

(2)気を抜いてリラックスしたい

特に男性は弱みを見せるのが苦手なので、外では気を張っていることが多く、プライベートな場ではリラックスしたいと感じます。そんな時はわがままを言ったりして、彼女にかまってほしいと思うようです。

(3)母性を求めている

世話焼きな家庭で育った男性だと、恋愛のパートナーにも母性を求めがち。「いろいろとかまってくれた母親と同じように、付き合っている女性にかまってほしい」という心理が働くこともあります。

女性が「かまってほしい」と思う時

(1)寂しい気持ちになっている

女性は男性よりも密なコミュニケーションを好むので、比較的寂しい気持ちになりやすい傾向があります。特に恋愛だと寂しさを感じやすいので、不安になってしまうことも。

あまりデートできていなかったり、連絡頻度が低くなっていたりすると「かまってほしい」と感じます。

(2)愛されている実感がほしい

恋人からはいつだって必要とされたいもの。男性は女性ほど言葉数が多くなく、恥ずかしがり屋な性格の人が多いので、女性に対する愛情表現が不足しがちです。そのため「愛されている実感がない」と感じて、かまってほしがる女性は少なくありません。

(3)守られたい

女性は男性に頼りたい、守られたいという願望があります。相手にかまってほしいと思うのは、こうした願望の表れでもあります。相手が自分の方を見てくれると「ちゃんと私に意識を向けてくれているんだ」と感じ、安心するのです。

次ページ:かまってほしい時の上手な甘え方やアピール方法

SHARE