お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セックスでイケない4つの原因とイキやすくなる方法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

「セックスでイケない」。そう悩んでいる人は意外と多いのもの。また、オナニーではイケるのになぜセックスだとイケなくなるんだろう……と思っている人もいるのでは? 産婦人科医・医学博士の宋美玄先生に、セックスにまつわるあれこれについて伺ってみました。

セックスでイケないことに悩んでいる人は、じつは意外と多いんです。『ジェクス ジャパン・セックスサーベイ2020』によると、「オーガズムに達することができない」と答えた人の割合は男性が6%だったのに対し、女性は21.5%でした[*1]。

5人に1人以上の女性が「セックスでイケない」と考えていることになります。そして「セックスでイケない」と答える女性の割合は若い年代ほど高い傾向があり、40代では26.8%、30代で31.5%、20代で35.4%でした[*1]。

そもそもイクって何? どんな感覚?

セックスで「イク」とは、すなわち「オーガズムに達する」ということです。オーガズムとは性反応のひとつで、性的刺激を受けて興奮が高まり、その性的興奮が絶頂に達することをいいます。

イクときの感覚は人それぞれで「電流が走った」という人もいれば「頭が真っ白になった」「おもらしをしたような感覚になった」という人もいるなど、さまざまな感想が見受けられます。

感覚は人それぞれですが、共通して起こる現象もあります。それは性器の収縮です。オーガズムに達すると、男女ともに性器の小刻みな収縮が起こります。ほんの短時間ですが、男性はペニスが、女性は腟の下部1/3と子宮が、およそ0.8秒間隔で収縮します。

これはペニスの収縮とともに射精された精液を、腟と子宮が収縮することでくまなく吸い取ろうとする動きだと考えられます。セックスの目的はそもそも生殖ですから、それに向けた動きなのでしょう。

そのほかにも人によっては雄叫びのような声を上げたり、全身のけいれんや発汗、皮膚の紅潮が起きたり、涙がこぼれる、白目をむくといった反応を示すこともあるようです。

しかしながら、すべての女性がセックスの最初からイケるわけではありません。イクためには経験が重ねることが大切だといわれています。経験を重ねて体験できるようになる人が増えていく、それが女性のオーガズムの特徴です。

次ページ:セックスでイケない理由。オナニーとの違いとは

SHARE