お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「話を盛る」の意味。誇張してしまう理由と対処法

ヨダエリ(コラムニスト)

「あーあ、また話を盛ってしまった……」。そんなふうに、言ってしまった後に後悔することはありませんか? 今回はコラムニストのヨダエリさんに、人が話を盛る理由や盛らずに話すコツを教えてもらいました。

「話を盛る」。こう聞いた時、皆さんの頭には何が浮かびますか?

「たまにやっちゃうかも……」と思う人もいれば、「いるよね」と具体的な人物を思い浮かべる人もいるでしょう。

さらに、「やめてほしい」と思う人もいれば、「時には必要」と思う人もいるでしょう。

つまり、絶対にダメとはいえないけれど、場合によっては周りの人をモヤモヤさせ、結果自分をもモヤモヤさせる。「話を盛る」とはそんな行為かもしれません。

では、一体なぜ話を盛ってしまうのでしょう? そして、どうすれば盛るのをやめられる? 改めて、「話を盛る」という行為について掘り下げていこうと思います。

Check!

あなたの性格は? 「承認欲求の高さ」診断

「話を盛る」とは?

「話を盛る」とは、内容を大げさに誇張して伝えること。

例えば、数を上乗せしたり、エピソードに創作を加えたりするのが、よくある手法かもしれません。

統計データがないので推測ではありますが、何らかの形で盛ったことがある人は、結構多いのではないでしょうか。

というのも、私が思うに、本人に悪気がなくむしろ良かれと思って「話を盛る」ケースは少なくないからです。

次ページ:【話を盛る理由1】会話を盛り上げたいから

SHARE