お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セックスが原因で「膀胱炎」になるって本当? その理由と予防法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

膀胱炎の原因のひとつにセックスが挙げられることを知っていますか? 産婦人科医・医学博士の宋美玄先生いわく、とくに女性はセックスが原因で膀胱炎になりやすいのだそう。その理由とは? 予防法と併せて聞いてみました。

「おしっこを我慢しすぎると膀胱炎になる」と聞いたことがある人は多いかもしれません。

しかし、膀胱炎の原因はそれだけではありません。じつは、セックスが原因で膀胱炎になったり、ひどいときにはセックスのたびに繰り返し膀胱炎を発症したりすることもあるのです。

今回はセックスと膀胱炎の関係について詳しく解説します。

女性が膀胱炎になりやすい2つの理由

膀胱炎は、男性よりも女性に発症しやすい病気といわれています。なぜ女性のほうが膀胱炎になりやすいのでしょうか。主な理由として、次のようなことがあげられます。

(1)尿道口と肛門の位置が近い

膀胱炎(急性感染性膀胱炎)は、細菌が尿道から膀胱へ侵入することによって起こる病気です。尿道口がペニスの先端にある男性に比べて、女性は尿道口と肛門との距離が近く、大腸菌などの雑菌が尿道から入り込みやすい傾向にあります。これが男性よりも女性のほうが膀胱炎になりやすいといわれる理由のひとつです。

(2)女性のほうが男性より尿道が短い

尿道とは文字通り、膀胱と体の外とをつなぐ、尿の通り道のことです。この尿道の長さも、膀胱炎の発症しやすさに関係しているとされています。なぜなら、尿道が短いと、細菌が膀胱まで簡単に到達できてしまうからです。

女性の尿道の長さは約4cmであるのに対し、男性の尿道は約20cmと、男女で尿道の長さはだいぶ異なります[*1]。このことも、女性のほうが男性よりも膀胱炎を発症しやすいことの一因と考えられます。

こうした体のつくり以外にも、たとえば生理用ナプキンやおりものシートを変えずに長時間つけっぱなしにすることが雑菌の繁殖を招き、膀胱炎発症の一因になるといわれることがあります。

また女性は外出先のトイレが汚かったり、長い会議中などにトイレに行きたいことを言い出せなかったりして、トイレを我慢してしまうことが多くなりがちです。

このように長時間、排尿を我慢することも膀胱の機能に影響を与え、膀胱炎のきっかけになると考えられます。注意しておきましょう。

次ページ:膀胱炎の症状

SHARE