お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

痛いニキビの治し方。大きく悪化する原因と正しい対処法

横井彩(皮膚科学会認定専門医・医学博士)

大きいニキビが痛い……。初めは小さなニキビだったのに、放置しているとだんだんと大きくなって痛みを感じるようになることってありますよね。そもそも、ニキビが悪化する理由は何でしょうか? また、赤くなったり痛みを感じたりするニキビはどうやって治せばいいのでしょうか? 皮膚科学会認定専門医・医学博士の横井彩先生に伺ってみました。

突然肌に現れる、ぷっくりとした小さなふくらみ。痛くもないので放置していると、しだいに赤みを帯びて痛みだし、そのうち黄色い膿(うみ)を出すようになってしまう……。これは、多くの方が経験したことのあるニキビの経過です。

「ニキビくらいでわざわざ医師に診てもらうまでもない」と思われがちですが、ニキビは、「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」という、れっきとした皮膚疾患です。また時には、ニキビだと思っているものが実は別の皮膚疾患であることもあります。

ニキビのメカニズムやよく似た病変の特徴、治し方について解説します。

ニキビはどのようにできる? 発生から悪化までの経過

私たちが「ニキビ」と呼ぶものは、医学的には尋常性痤瘡という炎症性の皮膚疾患です。まずはニキビがどのようにできるのか、その後どのように悪化するのかについて見てみましょう。

そもそもニキビとは何なのか

ニキビの正体は、毛穴がふさがり、そこに皮脂が溜まったものです。

毛穴の内側には脂腺という、皮脂を分泌する器官が付いていて、脂腺から出た皮脂は通常であれば毛穴の入り口から表皮側に出てきます。ところが、何らかの理由で毛穴の入り口がふさがり、皮脂が外に出られなくなって毛穴の中にそのまま溜まってしまうことがあります。

こうしてふくれ上がったものが面皰(めんぽう/コメド)、いわゆる白ニキビ・黒ニキビと呼ばれるものです。

面皰に炎症が起きる理由

ふさがった毛穴の中に皮脂が溜まった状態(面皰)が続くと、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖して炎症を引き起こします。

アクネ菌は、普段は常在菌として皮脂をエサにしながら皮膚の健康維持を助ける一面がある一方で、エサとなる皮脂が豊富に詰まっている面皰内では異常に増えてしまい、毛穴の炎症を引き起こす原因になってしまうのです。

アクネ菌によって面皰に炎症が起きて赤くなったものが赤ニキビ、膿が溜まってきたものが黄ニキビと呼ばれるものです。炎症が悪化して深い部分にまで及ぶと、硬くしこりのようになったりもします。ニキビが痛くなるのは、面皰に炎症が起きて悪化してしまったサインの一つといえます。

※以下、単に「ニキビ」と表記する場合には、白ニキビや赤ニキビなどすべての段階の「尋常性痤瘡」全般を指します。

次ページ:ニキビができやすい場所とその原因

SHARE