お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

色によって意味が変わる「ポピーの花言葉」

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

春から初夏にかけて咲くポピー。種類も多く、春を彩ってくれるかわいらしい花です。そんなポピーの花言葉は、赤、白、黄、オレンジなど、花の色によって変わってきます。今回は、そんなポピーの花言葉を色別にひも解いていきます。

春風にゆらゆらと踊るように揺れる姿がかわいらしいポピー。赤、白、黄、オレンジなどカラフルな花が咲き、花壇を彩ってくれる人気の花です。

今回は、そんなポピーの特徴やそれぞれの色の持つ花言葉、そして一緒に贈りやすい花などを紹介していきます。

ポピーってどんな花?

まずは、ポピーはどんな花なのかをご紹介します。

開花期は春から初夏、花屋に出回っている時期は12月~5月頃で、花持ちは4~5日ほど。

ポピーは種類が多い花で、ヒナゲシ、ケシ、オリエンタルポピー、アイランドポピー、カリフォルニアポピーなどさまざまな種類、呼び名があり、原産国もそれぞれで違います。

中でも、ケシと呼ばれる種類は、果実から取れる乳汁に含まれる鎮痛、陶酔作用が古くから知られ、アヘンとして採取されていました。

ただし、アヘンを採取するのは、白やピンク、赤色の花をつける越年草のケシとされ、日本では栽培禁止とされています。

切り花としてお花屋さんで売られる「アイランドポピー」などにはそういった要素のない、あくまで観賞用の花です。

また、切り花の流通が多いオリエンタルポピーは、ヨーロッパ、東アジア原産とされており、蕾に黒い毛があることから、和名は「鬼罌粟(オニゲシ)」という名前が付いています。

一方、ヨーロッパ原産のヒナゲシ、別名「虞美人草(グビジンソウ)」は、オリエンタルポピーよりも花びらが薄く、小ぶりで透き通るような花びらが特徴です。

次ページ:色別にひも解くポピーの花言葉

SHARE