お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【花言葉】「怖い意味」を持つ花20選

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

花に気持ちを乗せてプレゼントしたい時、参考にしたいのが「花言葉」。今回は、怖い意味を持つ花言葉を紹介します。かわいらしい見た目とは裏腹に、ネガティブな意味合いを持つ花も。渡す時に意味を知っておかないと後悔するかもしれない「怖い花言葉」を集めたので、花選びの際の参考にしてみては?

贈り物やお礼に花を添えると華やかになりますよね。

直感や相手のイメージで選ぶのもいいですが、その花にネガティブなイメージの花言葉があるのを後から知ると、「相手にどう思われたかな」と気になってしまいます。

実は私も、友人に黄色いバラを贈って、後から「嫉妬」の意味を持つことを知り後悔したことがあるんです。

今回は、そんな渡す時に意味を知らないと怖い花言葉を集めたので、選ぶ際の参考にしてみてください。

クロユリ「呪い」

初夏に独特の香りを放ちながら、ユリに似た黒にも見える紫色の花を咲かせるクロユリ。

武将・佐々成政に殺された愛人が「立山にクロユリが咲く頃に、佐々家は滅ぶ」という言葉を残し、その後実際に佐々家は滅んだという伝説もあります。

色も見た目も、伝説までもが全部ゾッとする怖い花ですが、北海道ではよく見られ、アイヌでは「クロユリを好きな人のそばに置いて、相手が気付いて花を取ると必ず結ばれる」というジンクスもあります。

オトギリソウ「恨み」

オトギリソウ(弟切草)の別名はヒペリカムで、開花後は花と同格の美しさを誇る赤い実を持つことから、アレンジメントでもよく利用されます。

弟切草という名前や「恨み」「復讐」「秘密」などの花言葉になったのは、平安中期のあるエピソードから。

優秀な鷹匠だった男は、鷹が負傷すると、ある薬草で傷を治していました。その薬草の名前は他の鷹匠たちに教えようとしませんでしたが、ある時、男の弟がうっかり他人に話してしまったことで、男は怒りのあまり弟を斬り殺してしまったのです。

その薬草こそがヒペリカム。この話にちなんで、「オトギリソウ(弟切草)」という名前となりました。

薬草でもあるのに不吉な名前がついたヒペリカムも、殺された弟も不憫です。

クリスマスローズ「発狂」

寒さに強い冬に咲くシックな色の花で、うつむいて咲く姿が奥ゆかしいクリスマスローズ。

イエス・キリストが誕生した時に「自分は何も捧げるものがない」と泣いている羊飼いの少女のもとにこの花が咲き、捧げたという言い伝えがあります。

花には香りがあり、ヨーロッパでは古くから病人の悪霊を取り除き、病に効くと信じられてきたことから「慰め」や「私の不安を慰めて」という花言葉が。

同時に、口に入れると死に至る強い毒性があることから、「発狂」の花言葉も持ち併せています。

タマリスク「犯罪」

薄桃色の花を春と秋に二度咲かせ、薬草としても知られるタマリスク。

花言葉「犯罪」は、古代ペルシアで罪人に付ける花輪や魔術に用いられていたことや、泥棒が足音を消すために、タマリスクの柔らかい枝を足裏に付けていたという話が由来しているといわれています。

白くかわいい花で、薬草として役に立ちながらも「犯罪」なんて花言葉を付けられているのは、なんだか冤罪のようにも思えます。

トリカブト「復讐」

猛毒を持っていることで有名なトリカブト。

秋に紫花を咲かせるその被り物をしたような花姿から、名前や花言葉が付きました。

「復讐」という毒から連想できる花言葉以外にも、「修道僧の帽子」や「騎士の兜」など、その見た目にまつわるものもあります。

赤いユリ「虚栄心」

世界で愛され、ヨーロッパでも古くから紋章や装飾のモチーフに使われているユリ。

ユリ自体の花言葉は「純粋」や「威厳」という、聖母マリアや堂々とした花のイメージからきていますが、色が変わると意味合いがころっと変わります。

赤いユリの「虚栄心」という花言葉は、キリストが十字架に架けられる時、他の花が首をもたげたのに対して、ユリだけが頭を上げてしまい、キリストに見つめられたことで自分が思い上がっていたことに気付き赤くなったという逸話から。

他にも、黄色のユリには「偽り」、オレンジのユリには「軽率」の花言葉もあるので、花言葉を添えて贈りたい時には「純潔」のシンボルである白が無難です。

次ページ:黄色い薔薇「嫉妬」

SHARE