お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【花言葉】悲しい意味を持つ花16選

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

花に気持ちを乗せてプレゼントしたい時、参考にしたいのが「花言葉」。今回は、「悲しい花言葉を持つ花」を紹介します。誰かに花をプレゼントする際、できればネガティブな意味合いを持つ花は避けたいですよね。それぞれどんな意味があるのか知って、花選びの際に参考にしてみてください。

大切な人に、好きな花を贈りたい。そう思う時に気になるのが花言葉ですよね。

きれいで、かわいくて、自分は好きな花でも、相手がその花のネガティブな花言葉を知っているとちょっと気まずい。

花は歴史の中で人に寄り添い、咲き続ける中で色んな解釈がされてきました。今回は、贈る時にちょっと気を付けたい「悲しい」花言葉を集めたので、参考にしてみてください。

アネモネ「はかない恋」

ギリシャ神話では、女神アフロディテに愛された美青年アドニスの流した血から咲いた花とされているアネモネ。

同時に、ヨーロッパでは古くから美しさとはかなさの象徴とされ、花言葉もそこにちなんでもの悲しいものになっています。

他にも「君を愛する」という花言葉もありますが、はかない恋にならないように、恋の告白に花を贈りたいなら他の花をチョイスしたほうがいいかもしれません。

ヒガンバナ「悲しき思い出」

お彼岸の時期に、しかも墓地に多く咲くことからこの花言葉が付いており、名前的にも花言葉的にも悲しいイメージが漂います。

花言葉以外にも、球根にある毒や、花の赤が血を連想させるなど不吉な花とされていました。

しかし近年では一面赤に染まる様子が美しいと好まれ、名所も増えてきました。

他には「あなたに一途」や「情熱」という花言葉もあります。

あさがお「はかない恋」

夏の風物詩であり、朝開いてすぐにしぼんでしまう命の短い花です。花言葉もそこから来ています。

一方で「固い絆」や「愛情」という花言葉もあり、こちらはしっかりと絡まる蔓の様子から。

原産地は熱帯アジアやヒマラヤの付近で、日本には種に解熱や利尿作用がある貴重な薬として持ち込まれました。

なお、ヒルガオには「事情」、ユウガオには「罪」、ヨルガオには「夕暮れの思い出」などの花言葉があります。

白いチューリップ「失われた愛」

「博愛」や「思いやり」の花言葉を持つチューリップですが、色によっても花言葉が変わってきます。

3人の騎士からそれぞれの家宝、王冠、剣、黄金を贈られてプロポーズされた少女が、1人を選ぶことができず、騎士たちが争わないで済むように、女神に頼んで自分の姿をチューリップに変えてもらったという伝説があります。

白いチューリップには他にも「許してください」の花言葉もあり、誰も選べずに花に姿を変えてしまった少女の気持ちや騎士たちの悲恋を表しているようで悲しいですね。

白いチューリップを贈りたい時は「博愛」や「思いやり」を言葉で伝える、他の色のチューリップと混ぜるなど、工夫してみてください。

黄色いチューリップ「望みのない恋」「実らぬ恋」

春の花を代表する明るいイメージのチューリップ。実は、白だけでなく、黄色い花にもちょっと悲しい花言葉が。

黄色い花は、ヨーロッパでキリスト教が迫害されていた時代のローマ帝国のカラーが黄色だったことから、花言葉もネガティブなものが多いんです。

チューリップ以外に黄色い薔薇も「嫉妬」など、黄色い花は渡すのに注意が必要な花言葉が付いています。

もし、恋の告白にチューリップの花言葉を使って気持ちを伝えたい場合は、黄色や白を外して花束にするのがおすすめです。

次ページ:キンセンカ「別れの悲しみ」「暗い悲しみ」

SHARE