お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

色や咲き方で変わる「チューリップの花言葉」

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

春の花として有名なチューリップ。愛の花といえば薔薇(バラ)のイメージですが、実はチューリップも告白の際にぴったりな花なんです。今回はそんなチューリップについて、花の色や品種、咲き方によっても変わるさまざまな花言葉を紹介します。

春に花咲く、チューリップ。現在は世界中に5600種あるといわれ、色や咲き方に多くのバリエーションがあり、見る人を飽きさせません。

今回はそんなチューリップのちょっと悲しい伝説や歴史、色別に見る花言葉などをご紹介します。

チューリップってどんな花?

原産国は地中海から中央アジアで、トルコでは特に愛されている花です。

トルコでは「ラーレ」と呼ばれ、唯一神の「アラー」と同じ文字を使うことから、チューリップを神の花としてあがめたとされています。

また、花の名前もトルコの人々がかぶっている帽子「チューリバン(ターバン)」が語源だそう。

そんなチューリップがヨーロッパに広がったきっかけは、1554年のトルコ駐在大使だったオーストリアのビュスベックが紹介したことから。

その後17世紀のオランダでは、チューリップ狂時代と呼ばれる歴史的ブームが起こりました。チューリップは投機の対象となり、この球根1個が、結婚の持参金や、家1軒と同じ価値があるとされたとか。

オランダでのブームからフランスにも伝わったチューリップは、宮廷の貴婦人たちが競って胸に着けるほど人気が出たそうです。

次ページ:色別にひも解くチューリップの花言葉

SHARE