お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

色によって意味が変わる「カスミソウの花言葉」

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

ブーケやフラワーアレンジメントの名脇役としても人気の「カスミソウ」。周りの花を引き立てるカスミソウには、白の他にもピンクがあり、色によって花言葉が変わってきます。今回は、そんなカスミソウの花言葉を色別にひも解いていきます。

真っ白く控えめな白い小花がかわいらしいカスミソウ。

枝分かれした小花が、かすみのように咲くことから付けられた名前の通り、奥ゆかしいイメージの花です。

そんなカスミソウは、他の花を引き立てる役として花束やアレンジメントで大活躍してくれる人気者でもあります。

今回は、カスミソウの特徴と花言葉、そして一緒に贈りやすい花などを紹介していきます。

カスミソウってどんな花?

カスミソウは4~7月が開花期ですが、お花屋さんでは通年出回っており、花持ちは5~7日ほど。

原産国は、ヨーロッパのコーカサスやイラン北部とされ、色は白とピンクがあり、無臭の花です。

和名は「霞草」ですが、別名は「宿根霞草(シュッコンカスミソウ)」や「小米撫子(コゴメナデシコ)」「群撫子(ムレナデシコ)」などという呼ばれ方も。

英名はふわふわしたその様子から「Baby’s breath(赤ちゃんの吐息)」となんともかわいらしい名で呼ばれています。

ナデシコ科のギプソフィラ属で、属名はギリシャ語の「gypsos(石膏)」「philios(愛する)」から来ており、この属の植物が石灰質の土を好むことに由来します。

花言葉は「清らかな心」や「無邪気」、「夢見心地」などがあるので、花言葉的にも使いやすい花ですね。

見た目の純真で混じり気のないイメージから、出産祝いやウエディングブーケにあしらうのにもぴったりです。

次ページ:色別にひも解くカスミソウの花言葉

SHARE