お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

肌の赤みに効果的! イエローのコントロールカラーの使い方とおすすめ8選

上田麻里(美容ライター)

肌の赤みや色ムラをカバーするイエローのコントロールカラー。使い方のコツとおすすめアイテム8選を美容ライターの上田麻里さんが解説。効果的な塗り方から自分の肌に合わせた選び方まで、ぜひチェックしてみて!

ファンデーションの前に使うことで、隙のない美肌を作ることができるコントロールカラーを使ったことはありますか?

ピンクやイエロー、グリーンなどの色があり、その色の効果によって理想の肌を演出してくれるベースメイクアイテムです。

今回は、その中でも、肌の赤みや色ムラカバーに優れたイエローのコントロールカラーを紹介します。

コントロールカラーとは

コントロールカラーは、ファンデーションの前に塗るだけでさまざまな肌悩みをカバーしてくれます。

色ごとに、下記のような効果があります。

コントロールカラー各色の特徴

 

・イエロー……赤みや色ムラ、くすみをカバーする
・グリーン……ニキビ跡や小鼻の周りの赤みをカバーする
・ブルー……黄ぐすみをカバーし明るくクリーンな肌印象に
・ピンク……血色感をUPし華やかな印象に
・パープル……肌色をトーンアップし透明感を演出する
・オレンジ……くすみや目の下のクマをカバーして健康的な肌印象に

それぞれのカラーによって特徴がありますが、その中でも、イエローは「肌の赤みや色ムラ」をカバーするのが得意なカラー。

赤ら顔の人や色ムラが気になっているという人は、ぜひ取り入れてみてください。

イエローのコントロールカラーの特徴と効果

イエローのコントロールカラー

イエローのコントロールカラーは、日本人の肌にとても合いやすいのが特徴です。

ナチュラルになじむので、素肌感を残したベースメイクをしたい人にもぴったりですよ。

イエローのコントロールカラーの特徴

イエローのコントロールカラーの特徴

イエローのコントロールカラーの主な特徴を3つ紹介します。

(1)赤みを抑える

イエローには、肌の赤みを補正する効果があります。頬などに広く使ったり、気になる部分へのポイント使いも可能です。

(2)色ムラをカバーする

茶色がかったクマやシミ、くすみなどをカバーし、肌のトーンを均一に整えます。

(3)肌全体を整え健康的に見せる

顔全体に薄くのばすことで、肌を明るく健康的な印象に見せることができます。

イエローのコントロールカラーがおすすめの人

イエローのコントロールカラーがおすすめの人

下記のような肌悩みを持つ人には、イエローのコントロールカラーがおすすめです。

(1)赤ら顔

皮膚が薄く、毛細血管が透けて頬が赤く見えてしまう人は、イエローで赤みを抑えることができます。

(2)クマやシミが目立つ

目の下の茶色いクマやうっすらシミが気になるという人にもおすすめです。コンシーラーよりも薄付きなので、ナチュラルな仕上がりに。

(3)くすみが気になる

顔全体がくすみがちな人は、イエローを塗ることでカバーできます。白浮きしにくいカラーなので、広めに塗っても違和感なく仕上がります。

次ページ:イエローのコントロールカラーの使い方

SHARE