お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

透明感が作れる! ブルーのコントロールカラーの使い方とおすすめ8選

古賀令奈(美容ライター&コスメコンシェルジュ)

「透明感のある肌にあこがれるけど、肌の色は変えられない……」そんなふうに諦めてはいませんか? たしかに、ファンデーションやコンシーラーを塗り重ねても、クリアな質感を出すのは難しいものです。透き通るような肌を作りたいときは、ブルーのコントロールカラーを使ってみましょう。ファンデーション前のひと手間で、肌印象をさりげなく変えてみませんか? 使い方やおすすめのアイテムを紹介します。

ブルーのコントロールカラーの特徴

メイクの主役といえば、リップやアイシャドウなどのポイントメイクと思われがちですが、実は肌の印象がとても重要です。メイクの土台となる肌の色をどのように整えるかで、表情や雰囲気が大きく変わります。

肌の色を調整するときに便利なのが、コントロールカラーです。なかでも、ブルーは透明感を出せる色として注目を集めています。

コントロールカラーの決め方

コントロールカラーと一口に言っても、さまざまな色があります。理想の肌色や質感に導いてくれる便利なアイテムですが、もともとの肌色やお悩みによっては逆効果になってしまうことも。自分にあったコントロールカラーの決め方、選び方を知っておきたいですね。

お悩みに応じた補色を選ぶ

コントロールカラーはその名のとおり、肌色を補整するためのアイテム。赤みや黄み、青みなど肌に表れるお悩みに対し、「補色」と呼ばれる正反対の色を重ねることで色ムラをカバーできます。
赤みが気になる部分にはグリーン、黄ぐすみにはブルー、青グマにはオレンジが適しており、お悩みに応じた補色のコントロールカラーを部分的に取り入れると、厚塗り感なく自然にカバーできるでしょう。

理想の仕上がりに合わせて決める

コントロールカラーは理想の仕上がりに近づけるアイテムとしても活躍します。コントロールカラーの色ごとの効果を覚えておくと、選ぶときに便利ですよ。

イエロー:色ムラをカバーする、健康的な肌に見せる
グリーン:赤みやニキビ跡をカバーする
オレンジ:青グマ、くすみをカバーする
ピンク:血行をよく見せる、柔らかい印象に見せる
ブルー:透明感を出す、黄ぐすみをカバーする
パープル:透明感を出す、エレガントな印象を演出する

部分ごとにコントロールカラーを使い分けるとさまざまなお悩みが解消し、理想的な仕上がりを実現できるでしょう。

ブルーのコントロールカラーが合う人

ブルーが透明感を出せるカラーだといっても、誰もが適しているとはいえません。たとえば、青白い肌の人がより白くなろうとしてブルーを使うと、血色が悪く見えてしまう可能性があります。

ブルーのコントロールカラーは、もともとの肌が青みがかっている方に合うとされています。肌になじみながらワントーン明るい肌に見せることができます。
黄みがかった肌の方がブルーを塗りすぎると、白浮きしてしまいやすいので注意が必要です。ブルーよりもパープルの方が肌になじみやすいでしょう。

次ページ:ブルーのコントロールカラーの使い方

お役立ち情報[PR]