お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

どんな人におすすめ? ミルククレンジングの使い方

上田麻里(美容ライター)

ミルククレンジングの正しい使い方とは? 選び方のポイントと、美容ライターの上田麻里さんが選ぶおすすめ3選を紹介します。

毎日、一生懸命スキンケアをしているのに、肌の乾燥やトラブルに悩まされているという人はいませんか?

そんな人こそ、まず見直してほしいのがクレンジング。

クレンジングとひと言にいってもさまざまな種類がありますが、その中でも肌への刺激が少なくマイルドな使用感で人気なのが「ミルククレンジング」です。

ミルククレンジングとは?

クレンジングは、洗顔では落ちにくいメイクなどの油性の汚れを落とすものですが、種類によって、異なる特徴があります。

まず、クレンジング力の強さを比較すると、一般的には

オイルクレンジング>拭き取りシートタイプ>ジェル状クレンジング>クリームクレンジング>ミルククレンジング

の順とされています。

つまりミルククレンジングは、洗浄力がマイルドで、その結果、肌への負担も少ないというのが特徴です。

水分量が多いため、テクスチャーはさらっとしており、なめらかで肌なじみがいいものが多いです。また、使用後はつっぱり感が出にくくしっとりとしています。

ミルククレンジングはどんな人におすすめ?

ミルククレンジングは、洗浄力は弱めですが、肌に必要な保湿成分を残しながらクレンジングできるため、特に下記のように人におすすめです。

・きちんとスキンケアをしていても乾燥がひどい
・洗顔後の肌につっぱりを感じる
・肌のバリア機能が弱く、トラブルを起こしやすい
・メイクが薄め、またはナチュラルコスメを使用している

逆に、オイルクレンジングは、濃いアイメイクなども簡単にするんと落とせるという特徴から人気がありますが、その半面、肌に必要な保湿成分も洗い流してしまう可能性があります。

乾燥や肌トラブルに悩まされているという人は、ミルクタイプに変えてみるといいかもしれません。

ミルククレンジングのみでメイクは落ちる?

ミルククレンジングは、洗浄力がマイルドなため、ウォータープルーフタイプのアイメイクや、濃いメイクは落としにくいという点は、頭に入れておきましょう。

そのため、アイメイクなどは専用のリムーバーで先に落としておくのがおすすめ。

また、濃いメイクをしたいという日は、オイルクレンジングを使用するなど使い分けるのがベストです。

次ページ:ミルククレンジングの使い方

お役立ち情報[PR]