お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

オレンジコントロールカラーの使い方とおすすめアイテム6選

上田麻里(美容ライター)

オレンジのコントロールカラーはクマやくすみをカバーし、健康的に見せてくれるアイテムです。美容ライターの上田麻里さんが、使い方のコツと、kissなどのプチプラからRMKなどのデパコスでおすすめのアイテム6選を解説します。

ファンデーションの前に使うことで、隙のない美肌を作ることができるコントロールカラーを使ったことはありますか?

ピンクやオレンジ、パープルなどの色があり、その色の効果によって理想の肌を演出してくれるベースメイクアイテムです。

今回は、その中でも、クマやくすみのカバーに優れたオレンジのコントロールカラーを紹介します。

目次

コントロールカラーとは?

コントロールカラーは、ファンデーションの前に塗るだけでさまざまな肌悩みをカバーしてくれます。

色ごとに、下記のような効果があります。

・オレンジ……くすみや目の下のクマをカバーして健康的な肌印象に

イエロー……赤みや色ムラ、くすみをカバーする

グリーン……ニキビ跡や小鼻の周りの赤みをカバーする

ブルー……黄ぐすみをカバーし明るくクリーンな肌印象に

ピンク……血色感をUPし華やかな印象に

パープル……肌色をトーンアップし透明感を演出する

それぞれのカラーによって特徴がありますが、その中でも、オレンジは「くすみ」や「クマ」をカバーするのが得意なカラー。

くすみによって肌のトーンが暗く見える人や目の下のクマが気になるという人は、ぜひ取り入れてみてください。

オレンジのコントロールカラーの特徴・効果は?

オレンジのコントロールカラーの特徴

オレンジのコントロールカラーは、ちょっと顔が疲れ気味かも……なんて時に、効果を発揮してくれます。

肌に近い色味なので、ナチュラルにカバーできるカラーです。

そんなオレンジコントロールカラーの主な特徴を3つ紹介します。

(1)健康的に見せる

顔全体をぱっと明るく見せ、ハリのあるヘルシーな印象に導くことができます。

(2)くすみやシミをカバーする

血行不良や乾燥、メラニンの蓄積などによって起こるくすみやシミなどをカバーします。

(3)目の下のクマをカバーする

血行不良や色素沈着によって目の下にできてしまうクマを、しっかりカバーします。

イエローのコントロールカラーとの違いは?

オレンジは、イエローと色味が似ていますが、それぞれに少し違った特徴があります。

イエローのコントロールカラーとの違い・オレンジ……ハリのある健康的な肌に見せる、濃いクマもカバーできる

・イエロー……赤み、色ムラをカバーし肌トーンを整える、薄いクマやシミに適している

オレンジコントロールカラーがおすすめの人は?

オレンジのコントロールカラーがおすすめの人

下記のような人には、オレンジのコントロールカラーがおすすめです。

(1)ヘルシーなイメージのメイクに仕上げたい人

健康的な肌印象に仕上がるので、ヘルシーさを出したメイクが好きな人におすすめです。

(2)濃いクマが目立つ人

薄い茶クマであれば、イエローのコントロールカラーでカバーできますが、しっかり目立つようなクマ、青クマの人にはオレンジが適しています。

(3)イエローベースの人

肌が黄みがかったイエローベースの人になじみやすいカラーなので、淡いオレンジから濃いオレンジまで幅広く使えます。

次のページを読む

SHARE