お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

グリーンのコントロールカラーの使い方とは? 専門家が選ぶおすすめ8選

上田麻里(美容ライター)

肌の赤みやニキビ跡をカバーするグリーンのコントロールカラー。使い方のコツとおすすめアイテム8選を美容ライターの上田麻里さんが解説。プチプラからデパコスまで、お気に入りのひとつを見つけてみて。

ファンデーションの前に使うことで、隙のない美肌を作ることができるコントロールカラー。そんなコントロールカラーを使ったことはありますか?

ピンクやオレンジ、パープルなどの色がついており、その色の効果によってさまざまな肌悩みをカバーしてくれるベースメイクアイテムです。

その中でも、特にグリーンは「肌の赤み」をカバーするのが得意なカラー。赤みが気になっているという人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

グリーンのコントロールカラーアイテム8選

グリーンのコントロールカラーの特徴

コントロールカラーとは、一般的にファンデーションの前に使用することで、くすみやくまなどの肌悩みを補正できるベースメイクです。

それぞれの色によって、異なる効果が期待できます。グリーンのコントロールカラーは、赤ら顔やニキビ跡など、肌の赤みをカバーするのに適したカラーです。

ほんのりと淡いパステルグリーンのような色味がついたもので、肌自体が緑色に見えることはありませんので、安心して使用してくださいね。

なぜ赤みにはグリーンがいいのか

では、なぜ肌の赤みをカバーするのに、グリーンがいいのでしょうか。

コントロールカラーを選ぶ際に、少し頭に入れておきたいのが「補色の関係」です。補色の関係というのは、お互いの色味を消しあう関係にある2色を指します。

肌色の悩みが「赤」の場合、その色味を打ち消してくれるグリーンを重ねることで、目立ちにくくなるという訳です。

グリーン以外にも、

・ピンク:血色感を与える
・オレンジ:くまを目立たなくさせる
・ブルーやパープル:透明感を与える

などもあります。

自分の肌悩みに適したものを選ぶと、ナチュラルに美肌に見せることができますよ。

赤ら顔が気になる人におすすめ

グリーンは、ニキビ跡をはじめ、頬が赤く火照ったようになる赤ら顔、小鼻の周りなどによくみられる炎症による赤みなどをカバーするのに適しています。

コンシーラーやファンデーションを塗り重ねてカバーするよりも、厚塗りにならず、自然に仕上がるというメリットもあります。

顔全体に使うのは注意!

ただし、グリーンを顔全体に使うと、グレーがかった、くすんだような肌に見えてしまうこともありますので、気になる部分のみの使用がオススメです。

次ページ:グリーンのコントロールカラーの使い方

お役立ち情報[PR]