お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自主性とは。主体性との違いや自主性を高める方法を解説

ぱぴこ

自主性を持って行動して……という言葉を聞きます。何となく「ある方がいいんだろうな」と思うものの、明確なメリットとは何なのでしょう。外資系企業で働くコラムニストのぱぴこさんいわく、自主性がない人は今後の社会で必要とされなくなるかもしれないとのこと。一体どういうことなのでしょうか?

自主性、求められていますか?

コロナ禍の緊急事態宣言では要請という言葉と共に「コロナ流行・感染を広げないための自主的な行動」を全国民が求められたともいえます。

仕事の場でも「自主性を持った人材が欲しい」「自主性・主体性のある人物が望ましい」などの表現が踊り、自己アピールとしても活用できる概念です。

自ら動いて問題を解決できる人は頼もしいですし、常に指示待ちで受け身な人よりも優秀そうに思えます。

今回は、自主性とは何か? 自主性を高めるためにはどうすればいいか? を解説します。

自主性とは

まずは自主性の意味について見ていきましょう。辞書を引くと下記が出てきました。

他に頼らず、自分の力で考えたり行なったりすることのできる性質。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

自主性と主体性の違い

一方、主体性はというと、「自分の意志・判断によって、自ら責任を持って行動する態度や性質」を指します。

これだけ比べると「同じでは……?」と思ってしまいます。自主性も主体性も自分の判断で行動することを表現した言葉のため、違いは少し把握しづらいです。

違いを見るためにもう少し深堀りすると、主体性は「何をすべきかも含めて自分で考え、意思決定して実行すること」であり、自主性は「ある対象に対して、やるべきことを判断し、積極的に行動すること」です。

このため、「自分が動くべきか否か?」の根本的な判断、また「何をするべきかの対象」の定義も含めて決定する「主体性」という言葉の方が、範囲と関与する事柄が大きいといえます。

つまり問題を発見、定義して、それに対して行動が取れるという点で、主体性は自主性よりも創造性が高いということができます。

とはいえ、日常的な言葉として「自主性・主体性」は同じグルーピングで語られることが多く、それらが示すことは「自分で考えて行動に移せる人物」であることに相違はないでしょう。

参考記事はこちら▼

主体性とは一体何で、主体性を持つにはどうすればいいのかを解説します。

自主性の使い方(例文付き)

前述した通り、自主性とはその人の性質を表す時に使う言葉です。基本的に「自主性がある」はポジティブな、「自主性がない」はネガティブな意味合いを持つことになります。

例文

・彼女は自主性があり、周りを巻き込んで行動できる人材だ

・自主性がないのが自分の弱みだ

・部下の自主性を育てるため好きに行動させよう

自主性の英語表現

自主性を英語で表現する際には「independence」を使うと良いでしょう。「自ら決める」といった意味合いがあります。

また、「autonomy」も「自律性」を意味する言葉なので自主性と近い表現となります。

自主性の類義語や言い換え表現

自主性の類義語は下記となります。

・自立心
・独立心

どちらも他人に依存せず、一人立ちしようとする心を指す言葉で、自分で考えて物事を成すといった意味を持つ自主性と似た意味を持ちます。

自主性の対義語

自主性の反対の意味を持つ対義語についても見ていきます。

・受動性
・協調性

受動性は他からの働きかけを受け入れる性質のことです。自分から動くのではなく、他者から影響を受けて動き始めることを指します。

また、協調性は自分とは異なる考え持つ人たちと助け合いながら一つの目標に向かっていくということ。

どちらも自分が主となって引っ張っていく自主性とは反対の性質を持つ言葉でしょう。

次ページ:自主性のある人の特徴

SHARE