お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事がうまくいかない人には特徴があった! スランプの原因と抜け出す方法

E子

何をしても、どうしても仕事がうまくいかない時は誰にでもあるもの。人気OLコラムニストのE子さん曰く、仕事がうまくいかない人にはいくつかの特徴があるそうです。自分に当てはまる部分がないかチェックしてみましょう。

仕事がうまくいかない……、誰にでもそんなときがあるものです。

しかし、うまくいっていないことがストレスになったり、自分自身イライラしてしまったりと負の連鎖を生みがちですよね。

今はスランプだからしょうがない! と割り切れるものでもありません。仕事は毎日やらなければなりませんから。

というわけで、一刻も早く軌道修正するべく、うまくいかない原因と解決策をご紹介いたします。

仕事がうまくいかない人の特徴

仕事がうまくいかない人には、特徴があります。ご自身のことを振り返ってみて、もし該当するようなら要注意です!

(1)報連相が苦手

仕事をする上での一番の基本である、報告・連絡・相談。これらがとても大事なことは皆さんご存知かと思います。しかし、社会人歴が長くても、これらがきちんとできていない人って、意外といたりするんです。

または、普段はちゃんとできるのに、上司と関係が悪くてつい報告を怠ったり……。そんな状況にある人もいるかもしれません。自分を守るためにも、しっかり報連相は実施しましょう。

(2)人の好き嫌いが激しい

職場にはたくさん人がいるもの。人の好き嫌いが激しい人なら、社内に何人か「大嫌い」な人がいてもおかしくないでしょう。

しかし、「嫌い」という感情は仕事をする上でとても邪魔になってしまいます。無自覚にも意地悪をしてしまったり、ついその人との会話を避けたり。

嫌いなのは仕方ないですが、仕事中は意識してコミュニケーションを取りましょう。

(3)後回しにしがち

今できることは、今やってしまうに越したことはありません。「後からやればいいや……」と思って先延ばしにしていると、思わぬ急用が入って立て込んでしまった時などに、自分も苦しみます。

また、期限の設定されている提出物なども、期限より前倒しで提出する人の方が好印象です。できるだけ仕事はスピード感を持ってやっていきましょう。

次ページ:仕事がうまくいかない3つの原因

SHARE