お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「元カノの結婚」にショックを受ける彼氏の本当の心理

ラブホの上野さん

「元カノの結婚」は「地元のラーメン屋がつぶれた」と一緒

仮に彼が元カノの結婚に対し寂しく思っているということに気が付いてしまったとしても、そのことでショックを受ける必要はないのです。

皆さまも例えば高校時代によく行っていたラーメン屋が潰れたと聞けば、少しは寂しい気持ちになることでしょう。

たとえ潰れなくても二度と行くことはなかったでしょうし、人生で思い出すことも無かったはずなのに、それでもやはり「潰れた」と聞けば寂しい気持ちになるものなのです。

その話を聞かなければラーメン屋のことなんて今日まですっぱり忘れてしまっていたくせに、人間は無いと分かると寂しい気持ちになる。

元カノの結婚報告も突き詰めればそれと何ら変わりは御座いません。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

※この記事は2020年06月06日に公開されたものです

ラブホの上野さん

都内某所のラブホテルスタッフ。

自分のホテルの売り上げを増やすためにラブホテルへの誘い方をツイッターで伝授していたところ、そのテクニックが話題になり漫画原作やコラムの執筆をすることになる。

漫画『ラブホの上野さん』原作。恋愛コラムライター。某ラブホテル店長。

この著者の記事一覧 

SHARE