お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見分け方は? 「メンヘラ製造機」の特徴と攻略法

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

ドラマ『凪のお暇』のゴンさんを通して話題となった「メンヘラ製造機」という言葉。その名の通り、女性をメンヘラ化させてしまう男性のことを指しますが、この具体的な特徴と向き合い方とは? 催眠心理療法士の浅田悠介さんが解説します。

突然ですが、私は「メンヘラ」という言葉が苦手です。ちょっとラフだから。

とはいえ「メンヘラ」という単語で検索して──インターネットの海を漂流するボートみたいに──ここに辿り着く方の力にもなりたいのです。あえてメンヘラという言葉を使わせていただきます。

今回のテーマは「メンヘラ製造器の攻略法」です。

メンヘラは何によって生み出されるのか、そんな男にどう対処すればいいのか。ちょっと向き合ってみましょうか。

メンヘラ製造機とは?

あえてクドく書きますと「関係を持った女性を不安に陥れる男性」のことです。

つまりは「女性をメンヘラ化させる男性」というわけですね。基本的にはネットスラングになります。

第一に、女性にモテるのが特徴です。そして関わったが最後、女性は不安でたまらなくなるわけですね。

最近ではドラマ『凪のお暇』に登場した中村倫也さん演じる“ゴンさん”が「メンヘラ製造器」として一斉を風靡しました。

こんな男性に注意。メンヘラ製造機の特徴

ここではメンヘラ製造器の特徴を解説いたします。心の中のチェック項目にいれておいてください。ぜひ注意してくださいませ。

(1)不安にさせる言動をとる

とにかく言葉や行動で不安に突き落としてくるのですね。

具体的に書くと、

・ずっとスマホを触っている(LINEやSNSをしてる様子)
・休日何をしているか教えてくれない
・LINEの返信がない
・夜電話にでない

といった感じです。

やはり女性たるもの(男性もですけれど)好きな人には安心させてほしいですよね。ところが、そうさせてくれない恋人がいると──不安でたまらないわけです。返信がくるまで一晩中起きていたり、急に彼の家を訪ねたりもしたくなるわけです。

(2)他の異性の存在を匂わせる

シンプルにこれもあります。

モテる匂いが止まらないわけです。さらにいうと「恋人ができたのにモテをセーブしようとしない匂い」がするのですね。異性の影といいますか。

オンラインでも、オフラインでも、異性が周りにいる(さらに、楽しくやっていそうな)ことを感じさせるのです。そりゃ不安になります。

(3)「他のところにいってもいいからね」

その上で突き放すような発言をします。

他にも「俺は束縛しないから」「浮気していいよ」「俺は去る者追わずだから」というものがあります。そんなことを言われると「私って大事にされてないのかな……」と感じますよね。

しかも、これは「だから俺も自由にするのを許せ」と暗に語っているに過ぎないのですね。

(4)すぐに「別れる」と発言する

何かあるとすぐに「別れる」です。

それを言っちゃアおしまいでしょう、という切り札を簡単に使ってくるのです。貴女がイエスと言わないことを知っているから。もう女性としては全面降伏するしかありませんよね。そんな様子では、ちょっとした注意もできなくなります。

もはや脅しですらあるでしょう。

(5)「そのままでいいんだよ」と繰り返す

ここも要チェックです。

ゴンさんも、これ系でしょう。メンヘラ製造器(の一部)は「そのままでいいんだよ」といった言葉を頻繁に使います。一見すると優しいだけの言葉に感じますよね。もちろん適切に使われると、すごく温かみのあるセリフでしょう。

しかし頻繁に浴びせられると「いつまでも成長しないで俺に依存していなよ」という意味にもなりえるのです──怖い話みたいですよね。

次ページ:彼を本気にさせるには? メンヘラ製造機の攻略法

SHARE