お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どうしてもイライラして眠れない! 寝られない原因と3つの対処法

小日向るり子

明日早く起きないといけないのに、イライラして眠れない……。目を閉じたときに思い浮かぶ、あれやそれ。心理カウンセラーの小日向るり子さん曰く、20代の女性のイライラには大きく分けて2つの原因があるといいます。その原因と眠れるようになる対処法について聞いてみました。

明日のために寝なければいけない。なのに眠れない……という経験はありませんか?

眠れない状態を自覚するとさらに眠れなくなってしまい、悪循環に陥ってしまうこともありますよね。

今回は「夜に眠れないのは実はイライラが原因なのでは?」という仮定から、その心理や対処法を分析してみたいと思います。

寝たいのに眠れない。その理由はイライラかも

眠れない、という状態は「心のイライラ」が原因になっていることがあります。

眠るためには、自律神経を整えることが大事。自律神経には副交感神経と交感神経があり、副交感神経のほうが優位になることで、人間は眠ることができます。

イライラしている状態のときはその逆で、交感神経が優位になり、眠くなくなってしまうのです。

次ページ:20代女子のイライラ原因は大きく分けて2つ

SHARE