お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なんでもできる人の特徴とは? 本当になんでもできる人になる方法【診断付】

ラブホの上野さん

本当の意味でなんでもできる人の特徴とは? なんでもできる人には、つい嫉妬や羨ましさを感じてしまうもの。しかし、その真の特徴は欠点がない、天才というわけではありません。コラムニスト・ラブホの上野さんが、なんでもできる人になる方法を解説します。

学校を卒業して社会人になると、誰でも一度は自分の無能さに絶望することでしょう。

仕事をしても失敗ばかり。また社会人になり、さまざまな手続きを自分でしていく中で自分が「何もできない」ということを痛感してしまう瞬間もあるでしょう。

住民票の取り方もわからない。

ネットの契約の仕方もわからない。

エクセルの使い方もわからない。

しかしそんな皆様を嘲笑うかのように、世の中には「なんでも卒なくこなす人」が存在するのも間違いありません。

おそらく多くの場合は、自分の会社の先輩でしょう。仕事を卒なくこなし、何を聞いても的確に答えてくれる。

仕事だけでなく、恋愛やプライベートなども充実している先輩を見ていると、自分も先輩のような「なんでもできる人」になりたいと思うのは当然のことでしょう。

それではそんな「なんでもできる人」になるために一体どうすれば良いのでしょうか?

「なんでもできる人」とは?

そもそも、なんでもできる人とは、どんな人なのでしょうか。

「なんでもできる」の意味

「なんでもできる」と聞いて、皆さまはどんな様子を思い浮かべるでしょうか。

呼び方を変えれば、「完全無欠」「完璧」「マルチ人間」「オールラウンダー」などの表現をイメージする人が多いでしょう。

つまり、平野歩夢選手のようにスポーツの才があり、藤井聡太五冠のように才知に優れ、藤井風のような音楽の感性を持ち、バカリズムのようにさらっとウィットに富んだことも言えて……と、言い出したらキリがないのでここでストップしますが、本来は“ありとあらゆる方面の明るい人”のことを指す言葉なのでしょう。

そうです、あなたが今思った通りです。果たして、「そんな人がいるのか」という疑問が生まれますよね。

本当の意味で「なんでもできる人」とは?

ある人物を例に、「なんでもできること」の視点を少し変えていきましょう。

ロイド・ジョージがある意味「なんでもできた」裏側

イギリスの政治家であるロイド・ジョージは「なんにもできない人」として有名でした。

彼が首相であったときの政務次官であったハドソン・ケアリーは「さまざまな問題についてなんの知識も持ち合わせていなかった」と言っておりますし、経済学者であるジョン・メイナード・ケインズは「彼は空虚であり内容がない」とまで言っているのです。

しかし、この2人は彼のことをこのように評価した上で、同じような言葉を続けました。

「だけど彼は、優秀な人を集めて問題を解決することはできた」と。

ロイド・ジョージは、第一次世界大戦中のイギリスで首相になった政治家で御座います。当時のヨーロッパ情勢はあまりにも繊細かつ複雑で、非常に難しい問題を抱えていたといえるでしょう。

そんな中でイギリスの首相になったロイド・ジョージは、非常に巧みな手腕でイギリスを第一次大戦の勝者へ導いたのは間違いありません。

しかし先ほどの2人の言葉もあるように、彼は決して万事に明るい人物では御座いませんでした。

彼は軍事に明るいわけでもなければ、経済政策で優秀だった訳でも御座いません。そんな彼が複雑な西欧情勢の中で正しい判断を下せたのは、彼が優秀な人を使う天才であったからでしょう。

「なんでもできる人」の新定義

「なんでもできる人」に憧れてしまう方は、自分の力で全ての問題を解決する天才のような人物になろうとしてしまいます。

しかしどれほど有能であったとしても、人間ひとりにできることなど、たかが知れています。

世界一足の速いボルトは私よりもコンドームの袋詰めが遅いでしょうし、天才的なアーティストである米津玄師さんは私よりもベッドメイクが遅いでしょう。

ですので、本当の意味で「なんでもできる人」というのは万事に精通した超人ではなく、「できないことを人に頼むことができる人間」でしょう。

次ページ:真の「なんでもできる人」の特徴

SHARE