お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

見逃さないで。「なんか辛い」漠然とした不安に潜む大きなリスク

トイアンナ

理由はわからないけど「なんか辛い」と感じることありますよね。そもそもどうして辛いと感じるのでしょう。なんか辛いと感じたときの対処法をコラムニストのトイアンナさんが紹介します。

「なんか辛い」と思ったらすぐに休んでみよう

一方、「なんか辛い」と感じるのは、チャンスでもあります。もっと悪化して食事が取れなくなったり、眠れなくなったりする前の段階かもしれないからです。泣きたくなるのは、涙が止まらなくなる前段階かもしれません。

心を本格的に壊してしまうと、回復まで数年かかることも珍しくありません。実際に私はこの状態で23歳まで無理をしつづけ、結果的に1年の治療期間を必要としました。私の精神療法には保険適用外の治療もあり、100万円単位の出費にもなりました。心もさることながら、財政的にもかなりしんどかった……。

その点、辛いなあ……とモヤモヤできている今なら、まだ間に合います。今すぐに休みを取って、家で無限にダラダラ寝たり、リフレッシュできる場所へ旅行したりしてみましょう。

辛い場所から離れてみることで、ようやく「あ、あれってストレスだったんだ」と気づけるかもしれません。それでも食欲が戻らなかったり、涙が出てきたり、むしろしんどいなら病院へ。

ストレスにやられるのは、追い詰められている時期とは限りません。幸せだって、変化です。そして変化はストレスなのです。

どうか「こんなに幸せなのに、辛く感じてはいけない」と自分を責めないで。なんか辛いのは、あなたが悪いのではありません。いい感じに休憩が取れたら、戻ってくればいいんです。あなたに笑顔が戻りますよう、応援しています。

(トイアンナ)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]