お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

ロールモデルとは。「女性にロールモデルがいない問題」を真剣に考える

トイアンナ

ロールモデルとは何なのでしょうか。本当に必要性があるのでしょうか? ロールモデルがいない女性は多いといわれています。その理由と実際の見つけ方について、トイアンナさんにアドバイスをもらいました。

こんにちは、トイアンナです。外資に就職したとき口を酸っぱくして言われたのが「人生を成功に導きたいなら、ロールモデルを見つけよう」というアドバイスでした。

ロールモデルとは、人生でどう行動するかのお手本となる人のこと。

キャリアで参考にするロールモデルがいれば、緊急時も「あの人ならどうするだろう」と考えて行動でき、先人の成功から学べるから……だそうです。

急速に失われたロールモデルの意味

けれど、私はロールモデルを見つけられませんでした

私はゆとり世代。ちょうど「仕事より家庭が大事だよね」とみんなが言いはじめた時代に育っています。理想の環境は1日8時間しっかり働いて、あとは家族や趣味を大事にする暮らし。

しかしわずか数年上の先輩は、ゴリゴリのキャリア女性ばかりでした。

先輩の経験談は「破水まで働いて、産後1週間で職場復帰」「毎晩ストレスで吐きながらもプロジェクトを成功に導く」「産休・育休中に育児の傍ら公認会計士資格を取得、キャリアアップして転職」などなど……。

超人っぷりは確かにすごいのですが、個人的なロールモデルにしたいかというと、ちょっと違います。私はもっと、仕事はがんばりつつも休日は家族とダラダラNintendo Switchでマリカーやる暮らしがいい。

そんな私が出世コースを歩むはずもなく、数年で命をかけたキャリア競争から離れていきます。

先輩方からは、とにかくお叱りを受けました。「会社員としても成功して、家庭も築いて、起業家としてリタイアする。そのほうが幸せに決まってるのになんで踏ん張らないんだ。根性が足りないんだろう」と。

けれど彼女らはビジネスを優先しすぎて脳髄液が漏れてぶっ倒れたり、自分の子どもに顔を忘れられたりしているのです。

ロールモデルにはとてもできない、だってそれって私のなりたい姿じゃない。そんな思いは、30代を前に強くなっていく一方でした。

次ページ:女性特有のロールモデル不在問題

お役立ち情報[PR]