お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

生理中のナプキンかぶれがつらい。原因とおすすめの対処法 #女の体と心の保健室

及川夕子

生理中、デリケートゾーンのかぶれやかゆみに悩まされる女性は少なくないようです。あまりにもかゆいと、何か病気かも? と不安になることもあるかもしれません。今回は、ナプキンかぶれやかゆみの原因とその対策について、婦人科医の高尾美穂先生に解説してもらいました。

生理中のナプキンかぶれがつらい。原因とおすすめの対処法

今回のお悩み
「もともと敏感肌でトラブルを繰り返しやすいので、生理中はデリケートゾーン全体だけでなくお尻のほうまでかゆみやかぶれが出ることがある」(30歳/その他/クリエイティブ職)

お話を伺ったのは……高尾美穂先生

イーク表参道の副院長・高尾美穂先生イーク表参道 副院長/産婦人科専門医・医学博士・婦人科スポーツドクター。
東京慈恵会医科大学大学院修了後、同大病院産婦人科助教、東京労災病院女性総合外来などを経て現職。大学病院では婦人科がん(特に卵巣がん)専門。西洋医学をベースに、ヨガ、アンチエイジング医学、漢方、栄養学、スポーツ医学を多角的に用い、女性の心身をさまざまな角度からサポートすることをライフワークとしている。

2人に1人はナプキンかぶれを経験

生理中、紙ナプキンで肌がかぶれたことはありますか?【意識調査】

生理中のナプキンかぶれについて、「毎回かぶれる」と答えた人は8.5%、「ときどきかぶれる」と答えた人まで含めると、2人に1人はナプキンかぶれを経験していました。

具体的な悩みとしては、

・「仕事が抜けられなくてトイレに行けないことが多々ありかぶれてしまう」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「ムレにくいナプキンを使っているけれど、夏になるとどうしてもムレてしまう」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「敏感肌なので、生理の量が多いときにかぶれて困っている」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

など、長時間つけていることからくるかぶれの悩み、敏感肌ゆえの悩みなどがあったほかに、特に夏にムレやすいという声も目立ちました。また、「まめに取り替えているのに、どうしてもかぶれて、かゆくなります」(29歳/その他/その他)と、かぶれだけでなくかゆみで悩んでいる人も。

一方、「デリケートゾーンがムレるのがいやなので、タンポンを使用している」(26歳/小売店/販売職・サービス系)など、何らかの対処をしている人もいました。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年5月31日~6月3日
調査人数:387人(25~39歳の働く未婚女性)

次ページ:ナプキンかぶれはなぜ起こる? 原因と対策

お役立ち情報[PR]