お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

両想いは雰囲気でわかる? 好き合う男女にみられる7の特徴

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

両想いの男女は、たとえ付き合っていなくても、雰囲気でお互いが好き合っていることがわかることが多いです。そこで今回は、いい感じの彼と両思いか確かめたい! 気になる彼が自分を好きか確かめたい女性に向け、恋愛コラムニストひろたかおりが「両想いの男女だけに見られる雰囲気の特徴」などを紹介します。

好きな男性と一緒にいて、気持ちが通じ合う瞬間があると「もしかして両想いなのかな?」と思いますよね。

でも、勘ちがいだったら恥ずかしいし、面と向かって尋ねることもできないし……。

両想いな男女には、居心地のよさだけではない「確信」があります。その確信を感じさせる雰囲気とはどのようなものなのでしょうか。

両想いかどうかは雰囲気でわかる?

好きな男性と過ごす時間が多く、相手からもこちらを受け入れてくれている空気を感じる。
両想いになっているときは、心が通じ合っている状態です。

「まだ帰りたくないな」とこちらが思っていると、男性のほうも「もう少し話さない?」と聞いてくるなど、同じ気持ちなのだと実感することがあれば、より心の距離が縮まります。

決定的なことは起こらないけれども、「離れたくない雰囲気」が一致するのですね。

もし、どちらかが早く帰りたいなと思っていれば、一緒にいても落ち着いた空気は生まれません。思っていることは体の動きにも現れて、そわそわするなど不安定な感じがします。

違和感なく、そばにいられる。あえて言葉にしなくても、お互いに考えていることがなんとなくでも伝わる。こんな雰囲気のよさは、両想いでないと生まれないものです。

「すごく落ち着く」「相手の考えを疑わない」といった、安定した空気があるときは、両想いである可能性が高いといえます。

次ページ:まわりも気づく? 両想いの2人のあいだに漂う雰囲気の特徴

お役立ち情報[PR]