お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ほっとしたいとき。あなたが飲むのはコーヒー? 紅茶?


ランチのあとや仕事の合間、ふと思う「お茶したい」。といっても、大体は「コーヒー」か「紅茶」に分かれるのではないでしょうか。

今回、働く未婚の女性22~34歳に、アンケートを行い、どちらが好きか、聞いてみました。その結果がこちら。

コーヒー(47%)

紅茶(53%)

※有効回答数394件

ほぼ半々の結果となりました。

これを年齢別に分析すると、紅茶は26歳を境にコーヒーを抜き、30歳でコーヒーに抜かれます。つまり、紅茶は26~30歳に人気が高いことがわかります。
つぎにその理由についてみていきましょう。

コーヒーが好きな理由

多数派世代の意見(30歳以上)

・「毎日のんでしまう。日課なようなもの」(30歳/小売店/販売職)

・「匂いを嗅ぐだけでホッとする」(33歳/その他/その他)

・「飲み飽きない」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

など、日常的になっているという意見が目立ちました。また、

・「たまたまコーヒーを入れてくれる人がいるのでコーヒーが多いですが、紅茶も好きで、飲むとリラックスできるから好きです」(34歳/その他/販売職)

といった気遣いさんもいたりします。

少数派世代の意見(29歳以下)

・「香りがすき」(22歳/小売店/販売職)

・「飲むと落ち着く以外にも集中力を高めてくれる働きがある」(24歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「眠気覚ましになる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「甘いものとの相性がよい」(26歳 /医療・福祉/専門職)

「リラックスできる」という意見と、その反対の「集中力を高める」意見が多くみられました。また、「香りが好き」という意見も多く挙げられていて、本当にコーヒーが好きな人が多いということもわかります。

・「コーヒーは飲めないからカフェオレとかだけど、甘くておいしい」(29歳/自動車関連/技術職)

・「コーヒーというよりカフェオレ、カフェラテが好き。美味しいから」(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

といったように、コーヒーよりもむしろ、カフェオレやカフェラテなどが好きとの意見もみられます。スターバックスはじめ、多くのカフェで単なるコーヒーではないコーヒーが出されるようになったことで、コーヒーが苦手な人でもコーヒーを飲むようになったのではと考えられます。

紅茶が好きな理由

多数派世代の意見(29歳以下)

・「リラックスができる」(25歳/その他/その他)

・「ホッとできる優しい飲み物」(27歳/医療・福祉/専門職)

といったコーヒーと同じような意見もありますが、

・「コーヒーは飲むと眠れなくなるので、紅茶を飲むことが多い。フレーバーティーなど種類が豊富で楽しい」(26歳 /医療・福祉/専門職)

・「コーヒーは苦いから」(26歳/食品・飲料 /販売職)

・「あっさりしている」(29歳/金融・証券/販売職)

など、アンチコーヒーな意見が聞かれます。

しかし、

・「冷たくても、あったかくても美味しい! 種類も多いから色々楽しめる!」(25歳/電機/その他)

・「紅茶は口臭予防にもなるのと、たくさんのフレーバーがあるのであきない」(25歳/ホテル/営業職)

といった、本当に紅茶が好きなことが伝わってくる意見も聞かれます。

少数派世代の意見(30歳以上)

・「美味しい。ジュースに比べてカロリーが低い」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「紅茶は種類が豊富で入れ方で味も変わるから奥が深い」(30歳/商社・卸/秘書)

といったオトナならでは意見が聞かれました。

どっちも好きが案外多い

今回のアンケートではコーヒー派か紅茶派のいずれかを選択していただきましたが、どちらかを選択したうえで、どちらも好きという意見も案外多く見られました。

・「コーヒーも紅茶も甘いものに合うので、欠かせないと思う。さっぱりしたいときは紅茶を選択するけれど、ほとんどコーヒーと一緒に甘いものを食べることが多い。仕事の休憩中にひと息つきたいときは、コーヒーを選ぶ」(27歳/食品・飲料/販売職)

・「コーヒーは眠気に強いので、お仕事の日にいいですね。紅茶は甘くて美味しいので好きです」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「コーヒーはなんとなく眠気がさめる気がするからしゃきっとしたいときに飲むのがいい。紅茶はリラックスしたいときなどに飲むといい気がする」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

といったように、シチュエーションによって飲み分けている人も見られました。

まとめ

今回のアンケートでは「コーヒー」「紅茶」を問わず、それぞれの魅力で多く挙げられたのは「心が落ち着く」というフレーズ。そもそもどちらも「香り」を楽しむ飲み物なので、好きな香りが漂うと、自然と気持ちが落ち着くのでしょう。

最近はガヤガヤしたカフェで、コーヒーや紅茶を飲みながら、お仕事をする人も多く見かけます。落ち着かないのではないかと思うこともありますが、もしかしたら、コーヒーや紅茶を飲みながら、というのが、カフェで仕事をする上での重要な条件なのかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月15日~3月19日
調査人数:394人(22~34歳の働く未婚女性)

お役立ち情報[PR]