お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

離婚して「後悔する人」と「しない人」の差

堀井亜生

離婚は人生の一大事です。

思い切って離婚に踏み切って全部すっきり、さあ新しい人生のスタート……と思っても、予想外の苦労に直面して離婚を後悔するケースも少なくありません。

離婚を後悔するのはどんなときか? 離婚を後悔しないようにするにはどうしたらいいのか? 数多くの離婚事件を担当してきた弁護士・堀井亜生が解説します。

離婚を後悔している人の本音とは?

離婚する前にある程度の苦労は予想していても、ここまでとは思っていなかったと後悔する人が多いようです。

そんな人たちの本音をご紹介します。

(1)経済的に厳しくなる

一番大きいのは経済面です。

ひとりでもがんばれると思って離婚をしても、収入が減って生活水準が下がるなど、さまざまな苦労に直面することが多いです。

養育費を決めていても支払いが滞ったり、離婚の際に受けられる公的支援が十分な金額でなかったりすることもあります。

(2)ワンオペ育児になる

子どもがいて自分が引き取る場合は、育児もひとりで行うことになります。

近くに家族がいなくて子どもの面倒を誰にも頼めないという場合は、仕事をしつつひとりでの子育てに追われることになります。

(3)世間の目が意外と厳しい

離婚の理由を詮索されて「あなたが悪いんじゃないの」と言われたり、結婚式に来た人から「ご祝儀が無駄になった」と冗談混じりに言われたり……。

世間は意外と離婚に無理解で、それがつらいと感じる人はかなり多いようです。

次ページ:離婚を後悔する人の特徴

お役立ち情報[PR]