お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼を夢中にさせる。「上手なキス」のコツ

神崎桃子(体験型恋愛コラムニスト)

キスというのは恋人たちにとって“愛を深めるための大切な儀式”です。

あなたはその“恋の儀式”をいつも彼にばかり任せていませんか?
キスを“男の人からするもの”だなんて思っていませんか?

恋愛は2人で盛り上げてゆくものです!

いつも受け身の恋愛スタンスでは、彼に早々に飽きられてしまいますよ。

「え? でも私、キスになんて自信ないし……」
「自分からなんてできないよ……」

なんてボヤきは無用!

今回は恋愛コラムニスト・神崎桃子が“恋を盛り上げるためのおいしいキスの仕方”をレクチャーしましょう。

キスが上手なメリット

男性は、女性からのキスがまちがいなく好きです。

もちろん付き合い出した当初であれば、男性が女性をリードしてキスをするのは自然ですが、ずっと「俺からばかりキスを求めている」となると話はちがってきます。

男性は、あなたの意思でキスしてほしいと思うこともあるのです。

それは、デートの行先やお店選びで、いつも「お任せします」「なんでもいいよ」という女性にウンザリしてしまうのと同じこと。

「あなたの好きにして」というのは、裏を返せば「私からは動きませんよ」と放棄しているようなものです。

なんでも人任せでは、彼も疲れてしまうでしょう。

キスだって、「いつも男性任せ」の丸投げ状態であってはなりません。

男性にとって、従順な女性より「手応えのある女性」のほうが魅力的なのです。

デートプラン同様、キスの主導権もいつも彼が握っているようでは、彼のテンションも次第に下がってくるでしょう。

それに、あなたにとってキスというものは「彼の気持ちを確認できる行為」ですよね。

相手の愛や本気度は言葉だけでなく、キスからも伝わるからです。

言葉で伝える「好きだ」「愛してる」と、キスはまた別腹!

「好きだよ」の言葉もうれしいですが、彼からのキスを受けて愛を感じない女性はいないはず……。

それなら、男性だって同じこと! 彼女からうまくキスをされたら「俺って愛されてるんだな」と実感が持てるのです。

彼女からのキスは、男性に自信を与えるだけではありません。

キスをされているだけの女性より、キスをしてくれる女性に男性は愛着が湧くのです。

心地よいキスをされることで、あなたからずっと離れたくなくなることでしょう。

次ページ:キスの種類と正しいやり方

お役立ち情報[PR]