お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼を夢中にさせる。「上手なキス」の仕方とコツ

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

キスを盛り上げるテクニック

いろんなキスの種類に挑戦してみるのもアリですが、上手なキスをするためには、キスのやり方を知っているだけではダメです。

彼から「もっとしてほしいな」「きみのキスはおいしいね」とおねだりされるように、以下のことに注意しましょう。

1.唇だけでなく口臭ケアも

唇はマメに保湿ケアをしたり、リップで潤わせていたりしても、うっかり忘れてしまうのが口臭ケア。

たいていのカップルは食事デートをしますよね。食べたあとに、おのずとキスタイムの流れになるはずです。

デートでは、常に口臭予防のガムやタブレットをバックに忍ばせておくのは必須ですね。

ただ、口臭は食事の臭いだけのものではありません。

虫歯や歯周病などが原因の口臭や、口の中の乾燥や唾液不足、舌の汚れから発生することもあります。

デートのときだけでなく、日ごろから口内のケアをしておきましょう。

2.舌や唇の力を抜く!

恋愛初心者がキスをするときについやりがちなのが、力みすぎてしまうこと。

キスするときに緊張したり、前のめりになったりしすぎると、舌も固くなってしまいます。

うまくキスをしようと必死になればなるほど、キスの感触が台なしになってしまうでしょう。

おいしいキスをするためには、あくまで「柔らかく」が基本です。

「焦らない」
「急がない」
「強すぎない」

これを守ってもらえたら“とろけるようなキス”は次第にできるようになるはすですよ。

3.唇以外にも触れる

唇だけに集中しても、キスは盛り上がりません。

口づけするときに手をぶら下げて棒立ちだなんて、間抜けなことはしないでください。

唇を重ねるときは、彼に触れましょう。

彼の手を握ったり、腕を掴んだり、背中や首に手を回したり……ときには耳や髪に触れるのもアリでしょう。

自分の手を相手の頬に添えてキスするのも素敵ですね。

キスしながらのボディタッチに彼は、
「もっとキスをしたい」「このまま時間が止まってほしい」と感じてくれるはず。

キスと同時にやさしいタッチングを受けることで気持ちよさが倍増するだけでなく、彼女の愛を強く感じることができるのです。

唇以外のスキンシップも行うことで、キスのテンションをさらに高めましょう!

4.彼の目を見つめる

キスするときこそ、女子の“目ヂカラ”がモノをいいます!!

男性は女性の上目づかいに興奮を覚える生き物です。

彼女から上目づかいでジッと見つめられたら、愛しさを感じない男性はいません。

キスするときは、至近距離で相手を見つめることのできる絶好のチャンス!!

「目は口ほどにものを言う」ということわざ通り、相手の瞳を覗き込むことで、言葉以上に思いを伝えることができるのです。

キスをする前はもちろんですが、キスの合間にも彼の目を見つめるようにしましょう。

唇を重ね合わせ、キスを味わい、そしてときに顔を離してお互いを見つめ合う。

2人の愛はさらに盛り上がるにちがいありません。

唇以外のものを駆使することこそ、「彼を夢中にさせるキス」ができるのです。

次ページ:彼を喜ばせるためには「彼に見合ったキス」をしてあげることが一番

SHARE