お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

付き合うまでの流れマニュアル! デート回数や期間は?

タイガモンスター

はい、どうもみなさんこんにちは。現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

いつもやたらと恋愛について偉そうに語っている僕ですが、今回は恋愛の根本となるこの議題について考えてみました。

付き合うって結局何?

大学生の僕がいうのもなんですが、学生時代の「付き合う」と大人になってからの「付き合う」では言葉の重みがちがうように感じます。

学生時代は「えー!? 俗界に異性ってこんなにいるの?? びっくり?!」っていうほど出会いがありますし、恋人を作る段階で結婚を意識することもほぼないため「え?かっこいいしとりあえず付き合ってみようかな?」感覚で付き合うことができます。

いわば学生時代の「付き合う」は「恋愛のチュートリアル」といえるでしょう。

それに対し、社会人になってからの恋愛にはよくも悪くも学生時代になかった要素がつきもの。

年収、年齢、結婚……。考えるだけで頭がクラクラしますね。

大人の「付き合う」は「結婚をゴール設定とした恋愛の本番」のようなものなのです。

付き合うまでの流れマニュアル

「結局どうやって付き合ったらいいの?」「恋愛はご無沙汰すぎて忘れたよ」という女性のみなさん。では、実際に「付き合うまでの流れ」をおさらいしていきましょう。

ステップ1:LINEや電話での連絡が増える

やはり進展のためのステップ1はLINEでの会話が増えるところからはじまります。

温度感を探るポイントは、お互いが送信した文字数がパッと見で同じであること。

相手が1の文量で質問したことに2の文量で返してしまうと相手にも2の文量で返すようなプレッシャーを与えてしまうので好ましくありません。

内容のポイントは「実は○○」を探る

やりとりのポイントは「実は○○」という情報を得ること。これを目標にして会話の流れを考えましょう。たとえば、

女「好きな動物とかいるの?」

男「実はウサギが好きで(笑)」

といったコミュニケーションです。

この「実は○○」さえ引き出してしまえば、デートに繋げるのは簡単です。

女「意外?! じゃあ今度うさぎカフェ行こ!」

はい一発。クリティカルヒットです。

頻度は「返信を少し遅らせる」

頻度は「相手が送ってくるのよりも少しだけ遅い返信」くらいがちょうどいいと思います。

人はそれぞれLINEに割く時間が異なります。

相手のタイミングよりも早く返してしまうと、「返信がめんどくさい」と思われてしまうかもしれませんし、逆に遅すぎても「自分には好意がないんだ」と思われてしまう可能性だってあります。

そこで「やや相手より遅め」にすることで「相手のペースに合わせつつ、がっついてる感を出さない」のがいいのです。

ステップ2:デートに行く

頻繁に連絡を取るようになり、相手の「実は○○」を知ることができたら、速攻1回目のデートに行きましょう。

ただし、1回目のデートは間延びするといけないので2?3時間で切り上げ、「えっ!? もう終わり!? 延長プリィィィィズ!!」と思わせるくらいでお別れするのがコツ。

ポイントは、ここで2回目のデートの約束をだいたい決めておくこと。

LINEでのやりとりだと、日程が2~3回合わないだけで流れてしまうことが多々あるためです。2回目のデートは前回よりも少し長めの予定で組むのがテクニックです。

デート中にわかる、男性の「付き合いたいサイン」

もし相手の男性があなたに好意を持っているのであれば、確実にデート中、サインを出しています。

たとえば、「好きなタイプを聞いてくる」「過去の恋愛について聞いてくる」など。

このサインをみすみす見逃すのは、オムライスのオーダーをとった店員が、テキーラを出すくらい愚かなことです。それはよくわからないですね。

デート回数の目安は「3~5回」

付き合うまでに何回デートに行けばいいのか、という問題。

これは相手が「知り合いor知り合ったばかりか」でも進展具合が異なるので、一概にはいえません。

しかし、あえて目安としての回数をいうのであれば、初回での告白なんて「マジでお前だれぇ?」状態ですし、10回もデートした暁には「この関係なにぃ?」となっていること間違いなしなので、3?5回ということにしておきましょう。

ステップ3:告白

告白がどういった状況でされるかはもちろん相手によるもの。

先ほど、付き合うまでのデートは3~5回という目安をお伝えしましたが、巷でよくいわれる「3回目のデートで告白されなかったら終わり」なんて決まりも別にありません。

「3回目のデートで告白」にこだわる必要はない

これに関しては通説に引っ張られている節があると思います。

というのも、「告白 何回目」等で調べると、ベストなのは3回目と書かれている記事が圧倒的に多いです。

これは鶏が先か、卵が先か理論ではありますが、結果としてこういった記事から広まった情報を参考にする人が多いために「3回目のデートで告白」が一般的になったのではないでしょうか。

ちなみに僕の今までの平均を出してみたら6回でした。なんの参考にもなりゃしねえ。

相手の告白を促すコツは?

ずばり「適度にほかの男の影をちらつかせること」でしょう。

相手があなたに好意を持っている状態であれば、危機感を与えることで告白に踏み出してくれるかもしれません。

告白なしで付き合う場合もあるの?

もちろん告白はあくまで契約みたいなものなので、契約を結ばずに付き合っているような関係性になることもあるでしょう。

僕自身、告白をせずともお互いの愛情を確認できているのであれば十分だと思います。

しかし、相手の男性がシャイだとかいう理由がない限り、単にセフレだと思われている可能性も否めません。

告白とは「相手だけを愛するという契約」です。

もし、彼があなたのことを「ほかの男に取られたくない」と思っているのであれば、ちゃんと付き合おうとするはずです。

ずばり適度に他の男の影をちらつかせることでしょう。

相手があなたに好意を持っている状態であれば、自分がうかうかしていると奪われてしまうかもしれないという危機感を与えることで告白に踏み出してくれるかもしれません。

告白前にキスや体の関係を持ってしまったら?

よく僕の元にもこの類の質問が来るのですが、告白前にキスや体の関係を持ってしまったとしても、それそのものが「付き合う・付き合えない」に直結するわけではありません。

男性は恋愛を少なからずゲームのような感覚で楽しむ傾向にあります。

体の関係を持ってあなたのことを攻略しきったと思ったら冷めてしまいますし、逆に関係を持ってもなお謎がたくさんあると感じた場合は、よりハマっていくものだと思ってください。

告白前に体の関係を持ったとしても「攻略されきった」感を出さないことで、形勢逆転は可能です。

次ページ:「付き合っているかどうか」を判断するポイントは?

お役立ち情報[PR]