お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「追いかける恋愛」を絶対してはいけない理由

吉川リサコ(恋愛コラムニスト)

「追いかける恋愛はうまくいかない」といわれるのはなぜでしょうか。

追いかける恋愛をしている女性の深層心理には、「彼よりも自分が抱く『好きの気持ち』のほうが強い」という自覚があるはずです。それはいつしか「嫌われたくない」という思いに変わり、無意識に蓄積されていきます。

そして、「どうしたら彼は自分の理想通りの付き合いができる男性になってくれるのか」という出口のない迷路に迷い込むのです。

その意識は、彼の前で「我慢」となり、女友だちの前では「愚痴」や「悩み」に変化します。

「愚痴」や「不満」は言霊になるもの。自分の中に芽生えた「幸せになりたいのになれない」「好きな人に大切にしてほしいのにしてもらえない」という常に満たされない負のエネルギーのせいで、ろくな男を寄せつけなくなってしまうのです。

今回は、そんな追いかける恋愛をテーマに、「ハマりやすい女性の特徴」や「気になる彼と対等な恋愛をするコツ」を解説します。

追いかける恋愛とは?

追いかける恋愛は、大きく分けて以下の5種類があります。

Cheak!

・「世話焼き女房型」
・「意志弱依存型」
・「セフレ止まり型」
・「ナゼナイ思考型」
・「視野狭執着型」

それぞれの具体的な傾向を見ていきましょう。あなたはこんな恋愛の落とし穴にハマっていないでしょうか?

追いかける恋愛1:世話焼き女房型

「世話焼き女房型」とは、母性本能が強く、好きな人になんでもしてあげることが愛情表現だと信じて疑わない女性をいいます。

大好きだから「なんでもしてあげたい」という絶対服従、奉仕の精神で尽くしきりますが、それは彼女にとっての愛情を伝える手段が「尽くす」だから。

自分と同じくらいの愛情や奉仕を返してもらえないことに不満を持ったとき、関係バランスは大きく崩れてしまいます。

追いかける恋愛2:意志弱依存型

付き合う、または好きになると、頭の中が100パーセント彼で占領されてしまう女性です。

意志が非常に弱く「~したほうがいいかな?」が口癖。

自分でこうするというよりも「彼がこう言うから」という主体で動くため、友だち視点でこのタイプの恋愛を見ている場合、面倒に感じたり、やっかいだったりします。

追いかける恋愛3:セフレ止まり型

肉体関係を持ち何度も会うけれど、どうしても恋人関係になれない女性です。

まわりに忠告されても「でも」「だって」とつけ、「かわいいって言ってくれた」「家に呼んでくれるんだから彼女みたいなもの」などと食い下がり、年中同じ悩みを愚痴っている女性は要注意です。

追いかける恋愛4:ナゼナイ思考型

彼氏が与えてくれているものに目を向けず、まわりと比べて「なぜしてくれないの?」と嘆く女性は意外と多くいます。

自分の目の前の幸せより他人が幸せの基準であるため、その思考である限り一生追い求める理想像に追いつけず、追いかける恋愛をしている状態になるのです。

追いかける恋愛5:視野狭執着型

自分のニーズを満たしてくれない、不満を解消してくれない彼と付き合っているのに「彼がいい」と執着する女性です。

「会いたい日に会えない」「マメに連絡がほしいけどくれない」「彼氏が浮気しているけど問いつめたら別れを切り出される」などされても、彼との別れが視野に入らないタイプが当てはまります。

次ページ:追いかける恋愛しかできない心理や理由

お役立ち情報[PR]