お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏と同棲するタイミングは「付き合ってから何カ月」がベスト?

コマツマヨ(夫婦力向上アドバイザー)

大好きな彼ともっと一緒にいたい、結婚前に彼のことをもっとよく知りたいという思いから、同棲をしたいと考えている人もいるでしょう。

でも、なかなか自分からは「同棲したい」と言い出しにくいですよね。

今回は、夫婦力向上アドバイザーとして数々の恋愛・結婚コラムを執筆した経験のあるコマツマヨが、恋人と同棲をスタートさせるべき時期や、彼に同棲を切り出すタイミングを紹介したいと思います。

同棲のベストタイミングは「ドキドキしなくなったら」

本気で結婚を考えている相手であっても、あまり早くから同棲をすることはオススメしません。

恋のはじまりは、どんな人でも大なり小なり浮かれているので、2人の間に問題があっても彼の悪い部分を見つけてしまっても、少々のことは目をつぶってしまいがち。つまり、正しい判断ができず浮かれて同棲に踏み切ってしまう可能性もあるんです。

何カ月、何年といった明確な目安はありませんが、付き合ってしばらく経ったころ、付き合いはじめのドキドキ感が落ち着いてきたころに、「本当にこの人と結婚をしたいのか」という自問自答も込めて同棲するかどうかを冷静に考えてみるといいのではないでしょうか。

同棲のメリット

カップルが同棲するメリットには、以下の点があります。

Cheack!
・一緒にいられる時間が長い
・経済的負担が軽くなる
・彼の生活スタイルがわかる
・他人との同居に慣れることができる
・最悪の場合、結婚に比べお別れすることが簡単

同棲のメリットとしてもっとも大きいのは、やはり一緒にいられる時間が長くなることです。

家や職場が遠かったり、仕事の時間が不規則だったりしてなかなか合う時間を見つけられなかったカップルは、同棲をすることでこれまでより多くの時間を一緒に過ごすことができます。

また結婚前に同棲をすると、結婚後の生活を具体的にイメージすることができますし、万が一彼とは生活できないと感じたときには結婚ほどややこしい手続きを経ずにお別れをすることもできます。

さらに、それぞれが別に住むよりも一緒に住むほうが経済的な負担は減るので、結婚資金を効率的に貯めることができます。

特に、デートのたびに外食をしてホテルに行っているというカップルなら、同棲することでお金を節約できます。

同棲のデメリット

とはいえ、デメリットがあるのも同棲です。

Cheack!
・結婚後の楽しみを先に味わってしまう
・新婚夫婦のドキドキ感が味わえない
・結婚のタイミングを逃す可能性もある
・結婚もしていないうちから、行動が制限されることもある

同棲→結婚をした女性が揃って口にするのが、「結婚で味わうはずのものを味わえない」ということ。

すでに2人の生活がはじまっているため、夫婦にとって幸せの絶頂ともいえる“新婚期間”に新鮮味を感じられなかったり、“新居”に引っ越すことがないためワクワク感もなかったり、親へのあいさつや結納などもさほど緊張しなかったり……といったことも。

また、まだ正式な夫婦でもないのに、一緒に住むことで恋人に遠慮して遊びに行きづらくなるなど自由が制限されてしまうこともあります。

さらに、同棲生活が長くなると、わざわざ「結婚」をする意味がわからなくなってしまうという人も少なくありません。籍を入れるタイミングを失ってズルズル同棲が続いたり、結果的に結婚に至らなかったりというケースもあるんです。

次ページ:カップルが同棲をはじめるきっかけ3つ

お役立ち情報[PR]