お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

カップルの分担や割合は? 同棲にかかる一カ月の平均生活費と内訳

石川福美/クレア・ライフ・パートナーズ

彼氏と同棲がしたいけれど、生活費に不安がある……。そんな女性はきっと少なくないはずです。彼との同棲生活を長続きさせるためにも、お金の問題ははじめにクリアしておきたい問題ですよね。でも、どっちがいくら負担すればいいの? それに同棲って一体いくらかかるの? そこで今回は、同棲経験のある女性に「生活費の負担割合」を直撃! FPの石川福美さんに「同棲でかかる生活費」を算出してもらいました。

pexels-photo-94898

■FPが解説! 同棲にかかる生活費とは?

あなたは、同棲に実際いくらの生活費が必要なのか知っていますか? ひと口に「生活費」と言っても、そこに何が含まれるのかわからない、という人もいるでしょう。まずは、FPの石川さんに「同棲にかかる生活費」を算出してもらいました。

◇同棲の生活費って具体的に何?

pexels-photo-177535

「生活費」には具体的にどんな要素が含まれるのでしょうか? さっそく解説を見ていきましょう。

同棲の生活費として仮定されるものは、以下の通りです。

◎2人で費用を折半するであろう項目
家賃
水道光熱費
生活雑貨(消耗品)

◎カップルによって費用負担方法が異なる項目
食費
通信費(ネット代)
娯楽費(デート代)

同棲の生活費は、カップルによってさまざま。したがって「2人で折半するであろう項目」を基本とし、場合によっては「カップルによって費用負担が異なる項目」が上乗せされます。「2人で折半するであろう項目」は趣味趣向に関係なく、生活する上で必ず2人ともが使用するもの、を指します。家賃などがまさにそう。

一方、自炊をする頻度が高いカップルの場合は、食費も折半対象になりますが、お互い外食が多いカップルなどは、各自で負担しているケースが多いですよね。このように「カップルによって費用負担が異なる項目」もいくつかあるのです。

その他、不定期にやってくる家具の買い足しや買い替えの費用は、ボーナス時期などに合わせ、その都度生活費に上乗せされます。

◇同棲にかかる一カ月の平均生活費と内訳

business-money-pink-coins

では、これらの生活費を具体的に金額に落とすと……? その内訳を算出してもらいました。

以下は、東京在住・20代後半カップルの生活費例です。

家賃:113,500円(56,750円/人)
水道光熱費:13,500円(6,750円/人)
生活雑貨(消耗品):28,500円(14,250円/人)
食費:48,500円(24,250円/人)
通信費(ネット代):6,000円(3,000円/人)
娯楽費(デート代含む):38,000円(19,000円/人)

2人でかかる生活費は合計248,000円。ひとり当たり124,000円となります。

次ページ:同棲経験者に聞いた! 生活費の分担は?

お役立ち情報[PR]